【DbD】 グレンベールの墓場(死んだ犬の酒場)のマップ一覧と強ポジ・立ち回り解説

最終更新日
編集者
DbD攻略班

DbD(デッドバイデイライト)のマップ「グレンベールの墓場」の強ポジと立ち回りについて紹介中!各エリア毎に立ち回り方や簡易マップ、チェイスおすすめポイント(強ポジ)を紹介しているため、マップ攻略の参考にどうぞ。)

© 2015-2019 and BEHAVIOUR, DEAD BY DAYLIGHT and other related trademarks and logos belong to Behaviour Interactive Inc. All rights reserved.

グレンベールの墓場のエリア一覧

マップ指定用オファリング
ホコリだらけの首吊縄
グレンベールの墓場のエリアマップと特徴
死んだ犬の酒場 ・夕日が存在し、日陰の視認性が低い
・中央に酒場が固定設置
┗内部に発電機が確定配置
・壊せる壁が存在

死んだ犬の酒場

死んだ犬の酒場の簡易マップ

※画像タップで拡大表示されます

死んだ犬の酒場の特徴・固有オブジェクト
・夕日が存在し、日陰の視認性が低い
・中央に酒場が固定設置
┗内部に発電機が確定配置
・壊せる壁が存在

立ち回りのポイント

サバイバーは見つからないように立ち回る

死んだ犬の酒場は、板やチェイスしやすいポイントが少ないため、周辺の物陰を活用してキラーに見つからないように立ち回ろう。

破壊できる壁が存在

死んだ犬の酒場では、新ギミックの破壊できる壁が設置されている。破壊する場所によってはキラーの立ち回りを有利に出来るため、サバイバーの行動を確認しつつ破壊しよう。

死んだ犬の酒場のマップテキスト

マップテキスト
過酷な辺境における初期の入植地となったグレンベールの開拓地は、冷酷で血なまぐさいギャングの抗争によって消滅した。武装した敵5人による拉致に対抗し、ヘルシャーギャングは6人の射手とダイナマイトで襲撃した。メイソン・ケリーギャングとの対立で始まった抗争は、すぐに混沌とした戦争へと変わっていった。各メンバーは自らが生き残るため、ギャングと一般市民の区別なく決死の思いで無差別に銃を発砲した。

ようやく争いが落ち着いた時、死者は生存者の数を上回った。人質はとっくに殺され遺体はバラバラにされて、内臓が町じゅうにばらまかれていた。静かになる怒りを胸に、生き残ったヘルシャーのメンバー数人は負傷した敵を一網打尽に捕らえ、同じく恐ろしいやり口で始末した。夜が訪れる頃に残っていたのは、余りある餌を貪り食うカラスだけだった。

関連リンク

PTBのみ実装されているマップ

ラクーン警察署「西棟」

ラクーン警察署「東棟」
実装済みマップ
マクミラン・エステート オートヘイヴン・レッカーズ
コールドウィンド・ファーム スプリングウッド
バックウォーター・スワンプ クロータスプレンアサイラム
レッド・フォレスト 山岡邸
レリー記念研究所 ハドンフィールド
ギデオン食肉工場 オーモンド
ホーキンス国立研究所 グレンベールの墓場
ミッドウィッチ小学校 ラクーンシティ警察署
カラスの巣
喜びの庭