セーブル・ウォード

【DbD】セーブル・ウォードの固有パークとスキン一覧

編集者
DbD攻略班
最終更新日

DBD(デッドバイデイライト)のサバイバー「セーブル・ウォード(セーブル)」の固有パークとスキン一覧について掲載中!固有パークを使った立ち回り方やおすすめパークなども紹介しているため、生存者プレイの参考にどうぞ。

入手方法と育成優先度

アイコン 入手方法・値段
セーブル・ウォード
セーブル・ウォード
【PC版】
・DLC「ALL THINGS WICKED」720円【CS版】
・DLC「ALL THINGS WICKED」880円【ゲーム内ストア】
・500オーリックセル
・9000シャード
育成優先度
総合評価B初心者C 貢献度A 汎用性B
固有パークの特徴
・効果発動で全ての発電機進行度を進められる「呼び出し:網を張る蜘蛛」
・地下限定で自己治療できる「影に潜む強み」
└「セルフケア+植物学の知識」より早い
・地下フックから確定で脱出できる「邪気」

初心者向けサバイバーと育てる順番

固有パーク

パーク 詳細
呼び出し:網を張る蜘蛛
呼び出し:網を張る蜘蛛
【効果】
地下室にいるときに円の近くでアビリティ発動のボタン1を押して呼び出しを始める。

呼び出しには120秒間かかる。呼び出しの間、自分のオーラが他の生存者に視え、他の生存者は進行中の作業に参加できる。協力した生存者一人当たり、作業の速度が50%上がる。協力した生存者が呼び出しのパークを装備している場合、速度が代わりに100%上がる。
呼び出しが完了した場合:
・あなたは負傷状態となり、儀式が終わるまで衰弱状態となる
・残りの全ての発電機の必須チャージが(8・9・10)減少する。

呼び出しを完了すると、全ての生存者でこのパークが無効になる。
【取得優先度】
★★☆☆☆
影に潜む強み
影に潜む強み
【効果】
地下にいるときに、このパークが発動する。
通常の治療速度の70%の速度で、医療キットなしに自分を回復できる能力、影に潜む強みが解放される。
地下で回復を完了すると殺人鬼のオーラが(6・8・10)秒間視える。
【取得優先度】
★★★★☆
邪気
邪気
【効果】
地下室で自分でフック脱出の試みは常に成功する。
フックを外したり、自分でフックを外したりすると、キラーのオーラが(16・18・20)秒間表示される。
【取得優先度】
★★★☆☆

全パーク一覧

固有パークを使ったおすすめの立ち回り

「呼び出し:網を張る蜘蛛」で発電機を修理

セーブルのパーク「呼び出し:網を張る蜘蛛」は、地下室で呼び出しを行うことで、マップ内のすべての発電機進行度を進められるパークだ。ただし、発動には最大で120秒かかること、発動後は常時衰弱ステータスが付与されることがデメリットになる。

負傷したら「影に潜む強み」で自己治療

セーブルのパーク「影に潜む強み」は、地下室限定で自己治療を可能になるパークだ。自己治療できる手段は非常に限られるため、パークで繰り返し自己治療できるのは強力。負傷したらタイミングを見つけて回復を行おう。

地下に吊られた際は「邪気」で脱出

セーブルのパーク「邪気」は地下に吊られた際、確定でフックから脱出できるパークだ。「邪気」を所持している際は、あえて地下室の近くでダウンしてフックに吊られるように誘導するのがおすすめ。

おすすめパーク

パーク おすすめポイント
アフターケア
アフターケア
・自身の行動を仲間に伝えることで、「呼び出し:網を張る蜘蛛」を手伝ってもらいやすくなる
忍苦の時
忍苦の時
・自己治療中の声を消すことでキラーに気づかれにくくできる
植物学の知識
植物学の知識
・治療速度を早めてすぐに戦線に復帰できる
苦肉の策
苦肉の策
・治療速度を早めてすぐに戦線に復帰できる
オフレコ
オフレコ
・フック脱出時の生存力を高められる

全パーク一覧

スキン一覧

セーブル・ウォードのスキンと解放材料
革づくめの扇動者 革づくめの扇動者 オーリックセル ×1080
インデスントシャード ×21600
革づくめの挑発者 革づくめの挑発者 オーリックセル ×1080
インデスントシャード ×21600
毒された天使 毒された天使 オーリックセル ×675
インデスントシャード ×13500
溺れた天使 溺れた天使 オーリックセル ×675
インデスントシャード ×13500
危険な輝き 危険な輝き オーリックセル ×270
インデスントシャード ×5400
挑戦的な輝き 挑戦的な輝き オーリックセル ×270
インデスントシャード ×5400
無敵の輝き 無敵の輝き オーリックセル ×270
インデスントシャード ×5400
バラ色ガール バラ色ガール オーリックセル ×90
インデスントシャード ×1800
フォレストガール フォレストガール オーリックセル ×90
インデスントシャード ×1800
ミッドナイトガール ミッドナイトガール オーリックセル ×90
インデスントシャード ×1800
反骨ガール 反骨ガール オーリックセル ×90
インデスントシャード ×1800
翼の生えた訪問者 翼の生えた訪問者 オーリックセル ×1080
インデスントシャード 交換不可

キラー・サバイバーのスキン一覧

背景ストーリー

出典元作品・元ネタ
無し(DBDオリジナル)
セーブルの背景
セーブルは自分が養子に違いないと思っていた。底抜けに元気な母と、陽気でゴルフ好きで単細胞な父の間に自分が生まれるわけがない。 周りに自分の理解者はおらず、グリーンビルの住人は誰も彼女のことを理解してくれなかった。唯一の例外はミカエラだった。3年生で出会った二人はすぐに友達になった。それはセーブルにできた初めての友達だった。セーブルはポニーにも人形にもテディベアとのごっこ遊びにも興味がなかった。彼女が好んだのは虫やトカゲや自転車や泥の投げ合いだった。そんな彼女のお気に入りのイベントはハロウィンで、中学2年の時に髪を紫に染めた彼女を変な目で見なかったのはミカエラだけだった。セーブルの母親はカンカンだったが、父親は気付きもしなかった。セーブルがモールで耳にピアスの穴を開け、初めてタトゥーを入れた時もミカエラは付き添ってくれた。セーブルは、超自然的な図柄のタトゥーを両親が絶対に見ないような場所に入れた。一方、ミカエラはタトゥーを入れようとはしなかった。ミカエラは物事の「ダークサイド」に興味はあったが、実際にそれと関わろうとは思わなかった。セーブルは違う。彼女にとってダークサイドは理にかなったもので、それと関わりを持つことを大いに楽しんでいた。そうすることで両親や教師たちをビビらせることができたし、それが自分の性分に合っているとも感じていた。その外見から、彼女を「ゴス系」と呼ぶ者もいたが、レッテルを貼られても彼女は気にも留めなかった。セーブルはホラー映画を好んで鑑賞し、オカルトなことに胸を躍らせた。それは彼女にとってごく自然な存在だった。両親が郊外で営む輝かしい生活にも暗い闇の部分があることを彼女は知っていた。彼らはただ、その恐怖に直面したくないだけなのだ。だから自分たちの生活は完璧で、いつまでも続くものだと思い込もうとする。しかし、セーブルには分かっていた。死は全ての者に忍び寄り、誰も死からは逃れられないということを。

セーブルはミカエラの紹介で、ムーンストーンで働くことになった。それは町で唯一、彼女を雇ってくれるような場所だった。彼女は地元の大学に通いながら、屋根裏部屋でゲリラ的なラジオ番組を制作して、短波放送で発信していた。『今夜はあらゆる悪しきもの』は超自然的現象や都市伝説、怪談など、この世に潜む闇を取り扱う番組だ。また番組では、グリーンビルに一軒だけある古い映画館で観たホラー映画についてミカエラと激しく議論することもよくあった。ミカエラはコメディタッチのホラー映画が好きだったが、セーブルはそれよりも卑で、より恐ろしく野蛮な内容のものを好んだ。彼女は流血シーンを堪能し、恐怖に胸を躍らせ、アドレナリンが体内を駆け巡る感覚を楽しんだ。そして二人の議論をリスナーも非常に面白がった。

セーブルは番組のネタを探すとき、よく町の墓地を散歩した。その墓地に眠る初期の移住者たちは、迫害を逃れた者の聖 地としてこの町を築いたと言われている。セーブルは彼女の番組で町のそういった歴史をよく取り上げ、不可解な失踪や目撃情報は、その歴史に何らかの形で関係していると考えるようになった。電話をかけてきたリスナーによると、町は「亀裂」の上に築かれたということだった。そのリスナーは、その亀裂は複数の世界が交錯する場所だと説明した。別のリスナーによれば、この亀裂は忘れ去られた悪魔を信仰する古代の狂信的教団によって作られたものらしかった。また別のリスナーは、この亀裂は宇宙のビュッフェみたいなもので、それを使って年長の神が人々の苦痛や恐怖、不幸を食いものにするのだと説明した。 一方、あるリスナーは、それは亀裂ではなく「アンノウン」という謎に包まれた生き物で、アンノウンの姿を思い浮かべようとする者を飲み込むのだと言った。どの説も、想像力に溢れた面白い議論のネタになった。セーブルも実際に起きた恐ろしい話が何よりも好きだった。それが他人事でなくなるまでは。

ある晩セーブルは、ムーンストーンで毎年開かれるハロウィンフェスティバルで、実際に起きた恐ろしい話を披露するようミカエラにけしかけた。みんなを心底怖がらせてやるの。中途半端な話じゃなくて、トコトン怖い話でね。アンノウンの話をすればいいわ。聞いている人にアンノウンの姿を想像させて...ステージにアンノウンが現れると信じさせるの。自分が殺されるかもしれないショーほど見ている人たちにとって恐ろしいことはないでしょ。ミカエラはそのアイデアを笑い飛ばし、すでにルームメイトと別の話を用意していると言った。

しかしミカエラはそのパフォーマンス中に奇妙な黒い霧に巻かれ、姿を消してしまった。セーブルは罪悪感に背筋が寒くなるのを感じた。自分がミカエラを破滅の淵に追いやったという気がしてならない。ミカエラを連れ去ったのはアンノウンなのか?ミカエラはアンノウンの姿を思い描いてしまったのか?彼女のルームメイトはどうだったのか?そのルームメイトも姿を消していた。しかしセーブルは、ミカエラが披露した話がアンノウンの話ではなかったことを思い出した。それは何か別の話だった。別の次元の話。恐ろしい生き物に溢れ、残忍な殺人鬼が住み、終わりのない恐怖が待っている場所。

これはアンノウンの仕業ではない。

そう気づいたセーブルは、グリーンビルで起きた他の失踪事件についても調べ始めた。するとまもなく失踪事件のほとんどが映画館かその近くで起きていることが分かった。さらなる調査によると、その映画館は1920年代に全焼した、一部屋だけの古い校舎があった場所に建てられていた。その際、生徒たちはどういうわけか学校から抜け出せず、全員火事の犠牲となっていた。答えに近づいていると感じた彼女は調査を続け、映画館で最近十代の兄弟が行方不明になったことを突き止めた。イライアスとエランだ。事件を目撃したのは、彼らの妹のエレンだけだった。彼女は、自分の両目をえぐり取ったあとで施設に送られていた。セーブルはエレンから直に話を聞くため、親戚のふりをして面会に行った。エレンは、映画館のスクリーンの後ろにある倉庫から古い映画のポスターを兄たちと盗もうとしていたことを打ち明けた。そして、地下の部屋には秘密の扉があり、それが別の場所に続いていることも教えてくれた。

暗い場所。

肌寒い場所。

恐ろしい場所。

「あそこには近づかないで。 エレンは懇願した。近づいちゃダメ。

しかしセーブルはじっとしているわけにはいかない。

その話を聞いたあとではなおさらだ。

セーブルはなんとしてもミカエラを見つけるため、ヒッチハイクをして映画館へと向かい、スクリーンの後ろに扉を見つけた。そして暗闇の中、バールを使って扉をこじ開け、きしむ木の階段を下りてジメジメとした地下室にたどり着いた。照明のスイッチを押すと蛍光灯がつき、そのちらつく明かりで室内の様子が明らかになった。そこには壊れた座席や80年も前の映画のポスターが置かれている。彼女はだだっ広い地下室を探し、『フランケンシュタイン』が初めて映画化されたときのポスターの後ろに隠された分厚い木の扉を見つけた。その扉を押して開けると、螺旋階段が真っ暗な暗闇へと下りている。セーブルがペンライトを使って10分ほど階段を下りたころ、冷たくて黒い霧が下から立ち上がってくるのに気づいた。

ミカエラを連れ去った、あの冷たくて黒い霧だ。

セーブルはとっさに思った。安全なところまで階段を駆け上ろうか…しかしその時、恐ろしい生き物に溢れ、残忍な殺人鬼が住み、終わりのない恐怖の待つ場所が頭に浮かんだ。そしてすぐに考え直した。親友にそれを独り占めさせるわけにはいかない。

全サバイバー(生存者)一覧

関連リンク

サバイバーのお役立ち情報
おすすめパーク紹介 サバのおすすめパーク構成 新キラー・新サバイバーの実装予想 新サバイバーはいつ実装?
キラーに通知される行動一覧 キラーへ通知される行動 キラーの特定方法 キラーの特定方法まとめ
サバイバー一覧
ドワイト・フェアフィールド
ドワイト
メグ・トーマス
メグ
クローデット・モレル
モレル
ジェイク・パーク
ジェイク
ネア・カールソン
ネア
エース・ヴィスコンティ
エース
フェン・ミン
フェン
ローリー・ストロード
ローリー
デイビッド・キング
デイビッド
クエンティン・スミス
クエンティン
タップ刑事
タップ刑事
ケイト・デンソン
ケイト
アダム・フランシス
アダム
ウィリアム・”ビル”・オーバーベック
ウィリアム
ジェフ・ヨハンセン
ジェフ
ジェーン・ロメロ
ジェーン
スティーブ・ハリントン
スティーブ
ナンシー・ウィーラー
ナンシー
アシュレイ・J・ウィリアムズ
アシュレイ
木村結衣
木村結衣
ザリーナ・カッシル
ザリーナ
シェリル・メイソン
シェリル
フェリックス・リクター
フェリックス
エロディー・ラコト
エロディー
リー・ユンジン
リー
レオン
レオン
ジル
ジル
ミカエラ
ミカエラ
ジョナ・バスケス
ジョナ
浅川陽一
浅川陽一
ハディ・カウル
ハディ
エイダ・ウォン
エイダ
レベッカ・チェンバース
レベッカ
ビットリオ・トスカーノ
ビットリオ
タリータ・リーラ
タリータ
レナート・リーラ
レナート
ガブリエル・ソーマ
ガブリエル
ニコラス・ケイジ
ニコラス
エレン・リプリー
リプリー
アラン・ウェイク
アラン
セーブル・ウォード
セーブル
エストゥリー・ヤザール
エストゥリー