【DbD】 ツインズ(シャルロット&ヴィクトル)の対策方法

更新日時
編集者
DBD攻略班

DBD(デッドバイデイライト)の殺人鬼(キラー)「ツインズ/シャルロット・デエ/ヴィクトル・デエ」の対策方法について掲載中!立ち回り方法や対策ポイント、サバイバー目線での動き方についても解説しているため、ツインズ攻略の参考にどうぞ!

© 2015-2019 and BEHAVIOUR, DEAD BY DAYLIGHT and other related trademarks and logos belong to Behaviour Interactive Inc. All rights reserved.

ツインズの関連記事

ツインズ
▶性能と立ち回り解説
▶おすすめパークとアドオン構成
▶サバイバー側の対策
▶背景と元ネタ

ツインズの対策方法

4.7.0アップデートで性能調整が実施
4.7.0PTBアップデートにてツインズのアドオンや能力調整が実施された。
▶4.7.0アップデート情報まとめ
▶「ツインズ」の立ち回り解説と固有パーク一覧

ヴィクトルとの対面時

接近を音で警戒する

ツインズは基本的に「ヴィクトル」を操作して攻撃を仕掛けてくるため、対戦相手が判明した段階でまず「ヴィクトル」の接近を警戒しよう。「ヴィクトル」は心音とステインが無い代わりに、自身の周囲10Mに唸り声を発生しているため、音に注意すれば接近に気づける。

また、ヴィクトルは身長がかなり低く背の低い障害物や草の茂みでも隠れつつ接近してくる。よって、音が聞こえた時点で視線が遮られる箇所を警戒するのがおすすめだ。

細かい障害物の周囲を回る

ヴィクトルに接近された際は外周の狭い細かな障害物を回ろう。ヴィクトルはチャージに1秒程かかる「飛びつき」でしかサバイバーを攻撃できないため、細かな障害物周りでは非常に攻撃をしづらい。

ただし、ヴィクトルの「飛びつき」攻撃は背の低い障害物を越えて一直線上にダメージを与える。よって、背の低い障害物周りではヴィクトルの狙っている方向を警戒しつつ動こう。

板は早めに倒す

ヴィクトルは板を割る事ができず、飛びつきによる板乗り越えもあまり実践的ではない。よって、板周りのチェイス時は板を早めに倒す事で飛びつき攻撃を回避して時間を稼ぎやすくなる。

周辺のロッカーへ入る

ヴィクトルはロッカーを開けないため、サバイバーが一度入ってしまうと本体であるシャルロットが来ない限り手出しできない。

ただし、ヴィクトルの攻撃は前方方向にかなり伸びるため、少しでもロッカーとの距離が離れていると入る前に攻撃を当てられる。よって、チェイス中は無理に入ろうとするのではなく、近くにあったら活用する程度の認識がおすすめ。

赤い傷(足跡)での撹乱は行わずまっすぐ逃げる

ヴィクトルはサバイバーの赤い傷(足跡)が見えないため、通常のキラー相手に有効な歩きやしゃがみを利用した赤い傷消しの動きは意味がない。逃走する際は障害物を利用しながらひたすら距離を取るのがおすすめだ。

通常時

負傷を必ず治療してから行動しよう

ヴィクトルは負傷者をダウンさせるとタイムロス無しで別の行動を行えるため、サバイバー側は負傷状態で行動するリスクが高い。また、ヴィクトルは通常のキラーより血痕がよく見える事から、負傷状態だとチェイスで振り切るのが難しくなる。よって、マッチ中は修理や救助等の作業を行う前に、必ず自身の治療を行おう。

停止中のヴィクトルは最優先で潰そう

マップ内で停止しているヴィクトルの周囲に居ると、「殺人鬼の本能」が発動してキラーに居場所を知られる。よって、自身の周囲でヴィクトルの声がした場合は、優先的に探して潰そう。

幸い、停止しているヴィクトルは体全体が若干赤く光っているため、ざっくりとした索敵でも発見できる。

味方の救助時

心音が無い状態から救助狩りされる場合は味方を庇おう

心音がしない状態で救助後に襲われた場合は、救助対象の味方を庇おう。心音が無い状態では「与えられた猶予(ボロタイ)」が適応されないため、早期に味方を減らさせないよう動くのが重要だ。

ツインズの特殊能力と対策ポイント

血の結束

効果
能力ボタンを押すとヴィクトルを解放する。アビリティ発動のボタンをタップするとシャルロットとヴィクトルの操作を切り替える。ヴィクトルは操作されずにいると殺人鬼の本能が発動し、彼の付近を歩行中または走行中の生存者のオーラがシャルロットに視えるようになる。ヴィクトルの甲高い叫び声を聞いた生存者は殺人鬼の本能に捕らわれやすい。ただしシャルロットが操作されている間、生存者はヴィクトルを潰すことができる。ヴィクトルは潰されると、一定時間が経過した後でシャルロットの体の一部として復活する。

ヴィクトルの仕様・挙動

心音やステインが無い「探知不可」状態
┗「凍りつく背筋」等の探知パークも機能しない
身長がかなり低く目視による索敵は少し難しい
┗「ピッグ」や「ゴスフェ」のしゃがみ視点と同等
常に唸り声を発しているため、鯖側は音で接近に気づける
身長が低く、鯖側からの視認性がかなり低い
操作中は索敵・探知・キラー強化系のパークが無効化される
┗「呪術:破滅」等のキラーに影響しないパークは有効
鯖側は停止したヴィクトル付近でボタンを押すと2秒で潰せる
潰されたヴィクトルの復活時間は5秒
ヴィクトル操作時の本体(シャルロット)は心音が無くなる

飛びつき

効果
ヴィクトルを操作中にアビリティ発動のボタンを長押しすると飛び付きをチャージし、攻撃ボタンで解き放つ。飛び付きが命中した生存者はダメージを受け、持っているアイテムを落とす。ヴィクトルは、無傷状態の生存者にはしがみつく。しがみつかれた生存者はその間、衰弱、忘却、行動不能のステータス効果を受け、ロッカーへの進入と脱出ゲートからの脱出が不可になる。付近にいる生存者のオーラが視えるようになる。しがみつかれている間、生存者は払い除けアクションを完了するとヴィクトルを潰すことができる。飛び付きが外れた場合、ヴィクトルは一瞬だけ脆弱になり、生存者は彼を潰すことが可能になる。
能力の仕様
負傷者を瀕死にさせられる
板・窓枠・背の低い障害物を乗り越えられる
サバイバー側は「飛びつき」を外した後のスタン中に潰せる
払い除けアクションにかかる時間は8秒

行動不能

効果
生存者はほとんどの基本的なアクションを遂行できなくなる。これには自分や他の生存者への治療や治癒、発電機の修理と破壊工作、トーテムの浄化、チェストの調査、アイテムを使う・拾う・落とすことが含まれる。

「行動不能」状態の効果解説と解除方法

ツインズのステータス

ツインズの特徴
・アクションボタンを押すとヴィクトルを射出
┗能力ボタンで視点を切替可能
・ヴィクトルでサバイバーに飛びついて攻撃可能
┣飛びつかれたサバイバーは衰弱、忘却、行動不能状態
┗払いのけるまでロッカー使用と脱出が不可能
・ヴィクトルは心音なし&猫などの探知効果を受けない
・メメントはヴィクトル有りverと無しverの2種存在
移動速度 4.6m/s 脅威範囲 32m
背の高さ 高い 難易度 普通
ツインズの固有パーク

溜め込み屋

迫害

とどめの一撃
ツインズの特殊能力

血の結束
【効果】
能力ボタンを押すとヴィクトルを解放する。アビリティ発動のボタンをタップするとシャルロットとヴィクトルの操作を切り替える。
ヴィクトルは操作されずにいると殺人鬼の本能が発動し、彼の付近を歩行中または走行中の生存者のオーラがシャルロットに視えるようになる。ヴィクトルの甲高い叫び声を聞いた生存者は殺人鬼の本能に捕らわれやすい。ただしシャルロットが操作されている間、生存者はヴィクトルを潰すことができる。
ヴィクトルは潰されると、一定時間が経過した後でシャルロットの体の一部として復活する。【特殊アビリティ】
【飛びつき】
ヴィクトルを操作中にアビリティ発動のボタンを長押しすると飛び付きをチャージし、攻撃ボタンで解き放つ。飛び付きが命中した生存者はダメージを受ける。ヴィクトルは、無傷状態の生存者にはしがみつく。しがみつかれた生存者はその間、衰弱、忘却、行動不能のステータス効果を受け、ロッカーへの進入と脱出ゲートからの脱出が不可になる。付近にいる生存者のオーラが視えるようになる。しがみつかれている間、生存者は払い除けアクションを完了するとヴィクトルを潰すことができる。
飛び付きが外れた場合、ヴィクトルは一瞬だけ脆弱になり、生存者は彼を潰すことが可能になる。ヴィクトルは自分の背より高い障害物に着地すると自滅する。ヴィクトルは自分の背より高い障害物に着地すると自滅する。【行動不能】
生存者はほとんどの基本的なアクションを遂行できなくなる。これには自分や他の生存者への治療や治癒、発電機の修理と破壊工作、トーテムの浄化、チェストの調査、アイテムを使う・拾う・落とすことが含まれる。

関連リンク

キラー一覧

トラッパー

レイス

ヒルビリー

ナース

ハグ

ドクター

シェイプ

ハントレス

カニバル

ナイトメア

ピッグ

クラウン

スピリット

リージョン

プレイグ

ゴスフェ

デモゴルゴン


デススリ

エクセ

ブライト

ツインズ

トリスタ

ネメシス

セノバイト

アーティスト
構成別立ち回り解説
爆音ドクター 天誅蜘蛛カニバル 狡猾カニバル
手鏡マイケル 全能視レイス 暴風レイス
天秤ミントハグ 一撃斧ハントレス 彫刻ヒルビリー
静音ヒルビリー 奇襲型ピッグ 立ちメメマイケル
アジ鉄根性

全キラー(殺人鬼)一覧