【DbD】 エクセキューショナー(三角頭)の立ち回りと固有パーク

更新日時
編集者
DBD攻略班

DBD(デッドバイデイライト)のキラー「エクセキューショナー/ピラミッドヘッド」の立ち回りと固有パークについて掲載中!特殊能力や固有アドオン、おすすめパーク、立ち回り方、背景なども記載しているので、エクセキューショナーを詳しく知りたいかたはぜひ参考にどうぞ!

© 2015-2019 and BEHAVIOUR, DEAD BY DAYLIGHT and other related trademarks and logos belong to Behaviour Interactive Inc. All rights reserved.

エクセキューショナーの関連記事

エクセキューショナー
▶性能と立ち回り解説
▶おすすめパークとアドオン構成
▶サバイバー側の対策
▶背景と元ネタ

エクセキューショナーの能力と性能

ステータス
移動速度 4.6m/s 脅威範囲 32m
背の高さ 高い 難易度 普通

エクセキューショナーの特殊能力「裁きの儀式」

メイン効果
▼固有アドオン一覧はこちら

裁きの儀式
能力ボタンを押すと発動する。発動したら能力ボタンを押したまま好きな方向に移動し、地面にトレイルを刻み込む。ボタンを離すとトレイルが完成する。
トレイルの上を歩くか走って通った生存者は、殺人鬼の本能を呼び起こして煩悶のステータス効果を受ける。煩悶の効果を受けている生存者が瀕死状態になると、贖罪の檻に送り込むことができる。
特殊アビリティ
【地獄の罰】
裁きの儀式が発動中、攻撃ボタンを押すと地獄の罰を発動する。このアビリティはエクセキューショナーの前方にエネルギーの波動を解き放ち、軌道上の生存者にダメージを与える。地獄の罰は、障害物を貫通する。【贖罪の檻】
煩悶のステータス効果を受けた瀕死状態の生存者の前に立ってアビリティ発動ボタンを押すと、生存者を持ち上げてマップ上のフックに運ぶことなく贖罪の檻に送り込むことができる。贖罪の檻に入った生存者はフックに吊るされているかのように処刑フェーズが進行し、エンティティに捧げることができる。贖罪の檻で耐久フェーズを迎えた生存者は、エンティティを退けるためにスキルチェックを行う必要がある。生存者は、贖罪の檻とフックとの間で処刑進行度を共有する。
贖罪の檻から救出された生存者、あるいは救出した生存者は、煩悶の苦しみから解放される。【最後の審判】
フックまたは贖罪の檻ですでに耐久フェーズに入っており、かつ煩悶に苦しんでいる瀕死状態の生存者の前に立ってアビリティ発動ボタンを押すと、最後の審判を発動してその生存者を惨殺することができる。

エクセキューショナーの固有パーク

パーク 詳細

強制苦行
【効果(tier1/tier2/tier3)】
味方の代わりに攻撃を受けた生存者は(60/70/80)秒間、衰弱のステータス効果に苦しめられる。
【解放レベル】
30
【取得優先度】
★★☆☆☆

煩悶のトレイル
【効果(tier1/tier2/tier3)】
発電機を蹴ると、発電機の進行が止まるか、生存者が負傷または瀕死状態になるまで探知不可になる。この間、その発電機の黄色いオーラが生存者に視えるようになる。

この効果は(80/70/60)秒ごとに1回のみ発動する。
【解放レベル】
35
【取得優先度】
★★★☆☆

デスバウンド
【効果(tier1/tier2/tier3)】
殺人鬼から32m以上離れた場所で生存者が別の生存者を治療して1段階回復させると、治療を施した側の生存者が叫んで位置が判明し、60秒間デスバウンドが発動する。発動中、その生存者は治療した生存者から16/12/8m以上離れると忘却のステータス効果に苦しむ。
【解放レベル】
40
【取得優先度】
★★★☆☆

全パーク一覧

エクセキューショナーの立ち回り方

立ち回りの重要POINT
常にトレイルを敷きながら移動・索敵する
各サバイバーの吊り回数を把握する
フック吊りと「贖罪の檻」送りを使い分ける
「地獄の罰」と通常攻撃を使い分ける
└「地獄の罰」をフェイントに使うと通常攻撃を当てやすい
【呪術トーテム採用時】呪術トーテムの前にトレイルを置く

巡回しつつ発電機周辺にトレイルを敷く

ゲームを開始したら、まずは巡回しながら発電機周辺へトレイルを敷こう。敷いている最中は移動速度が4.4m/sに低下するため、発電機の近くやサバイバーが通りそうな狭い道にだけ敷いておけば、無駄なく巡回できる。

攻撃と地獄の罰でサバイバーをダウンさせる


▲この距離よりも近い敵には「地獄の罰」が当たる

サバイバーを発見したら、特殊能力「地獄の罰」を使いながらダウンさせよう。「地獄の罰」は障害物を無視して前方10M付近へダメージを与えられるため、サバイバーの移動ルートが分かりやすい直線の道で使うのがおすすめ。

ただし、ステインの方向へ真っ直ぐ飛び出す事や発動にタイムラグがある事から、キラーの姿を視認されている状況だと避けられやすい。したがって、通常攻撃と「地獄の罰」を状況に応じて使い分けよう。

サバイバーの板・窓枠使用時に「地獄の罰」を使おう


▲板を倒す瞬間は「地獄の罰」を避けられない

板倒し時や板・窓枠の乗り越え時はサバイバーの動きが固定化されるため、「地獄の罰」を当てる最大のチャンスだ。板や窓枠付近へサバイバーが差し掛かった時点で剣を地面に挿し、使った瞬間に「地獄の罰」で攻撃しよう。

板グル時にトレイルを敷く

煩悶効果は瀕死にさせたサバイバーへの選択肢を増やせるため、なるべく付けておきたい。板周りの障害物でチェイスする「板グル」時は、移動しながらトレイルを敷いて「地獄の罰」の牽制をしつつ煩悶を付与しよう。

フェイントを織り交ぜて通常攻撃を当てよう

「地獄の罰」を当てづらい拓けた場所では、あえて地面に剣を突き刺す事によってサバイバーの回避行動を誘発させ、距離を詰めて通常攻撃しよう。ただし、剣刺しのゲージが溜まりきった後にキャンセルすると移動速度が低下するため、溜まり切る前にキャンセルするのが大切だ。

【超重要】サバイバー毎の吊り回数を把握する

エクセキューショナーは、吊り回数や発電機の状況によって、瀕死者をフック吊りか「贖罪の檻」送りか選択できるのが非常に強力。したがって、サバイバー毎の吊り回数は必ず記憶しておこう。

吊り回数毎のおすすめ対応方法

各鯖の吊り回数 対応方法 条件
1回目 フックへ吊るす 無し
2回目 フックへ吊るす 無し
3回目 最後の審判(簡易メメント)で止め 煩悶

1度目は煩悶付きでもフックへ吊るそう

「煩悶」は、トレイルの上をサバイバーが通った際に付与される効果。しゃがみ移動で回避される他、一度付いた状態でも「贖罪の檻」からの救助によって解除されるため、狙って付与するには少し時間がかかる。

したがって、エクセキューショナーを使う場合は 「贖罪の檻」だけでなく状況に応じてフック吊りも行うのが大切。例えば、1回目に吊るサバイバーは、決死の一撃(ストライク)の危険が無いため、煩悶状態であってもフックに吊るべきだ。

2度目の吊りもフックを優先させよう

「煩悶」が付与しづらい都合上、2度目のサバイバーもフックへ吊った方が管理しやすい。周辺のフックへ吊って救助狩りを視野に入れながら行動するのがおすすめだ。

ただし、「檻」の場合は吊りまでの時間短縮という大きなメリットもある。周辺発電機の修理状況やサバイバーの動きに合わせて柔軟に使い分けよう。

60秒以内に再びダウンさせた場合は「檻」を使う

一度目に吊ったサバイバーを60秒以内に再びダウンさせた場合は、「贖罪の檻」を使おう。サバイバーの最強パーク「決死の一撃(ストライク)」を回避しながら吊れる。

「檻」の場合は現在地から一番離れた場所へ向かおう

「檻」は使った場所から一番離れた位置へ自動生成されるため、サバイバー救助前に位置を特定できると、非常に殺害しやすくなる。したがって、2度目の吊りに対して「檻」を使った場合は、マップ内で一番離れた場所に見当を付けて向かおう。

3回目は「最後の審判」で時間を短縮しよう


▲3秒程で殺害が完了する「最後の審判」

担いでから吊るすまでの時間は、他サバイバーにとって絶対に安全な時間となるため、数秒で他の場所へ向かえる「最後の審判」は使い得だ。煩悶付きで2回吊ったサバイバーを瀕死にさせた場合は、「最後の審判」の簡易メメントで止めを刺そう。

発電機固めが非常に重要

エクセキューショナーは、未修理の発電機を近距離へ固めた際に有利な状況を作りやすいキラーだ。「贖罪の檻」と「最後の審判」を使って吊るための時間を削減し、狙いの発電機周辺へ早く戻れる。

また、固めたい発電機周辺へトレイルを敷く事によって、索敵と索敵回避用のしゃがみによる遅延も行える。ゲージが溜まり次第積極的にトレイルを敷いていこう。

発電機の無い地点でダウンさせた場合は檻へ送ろう

周囲に発電機の無い場所でサバイバーをダウンさせた場合は、「贖罪の檻」に送ってすぐに発電機地帯へ戻ろう。檻はダウンさせた場所から離れた所に必ず生成されるため、発電機のある地点に送られる可能性が高く、戦況を有利にしやすい。

【呪術採用時】トーテム前にトレイルを置こう

エクセキューショナーで呪術トーテムを採用する場合は、マップに配置された呪いのトーテムの前へトレイルを置こう。トーテム前にトレイルがあると、破壊しようとした時に必ず発動するため、煩悶を付与しつつ破壊を察知できる。

ただし、トレイルは1分10秒程度しか持続しない事から、マッチでの優先度はさほど高くない。よって、周辺を通りかかった際に置く程度の認識がおすすめ。

エクセキューショナーの特殊能力解説

裁きの儀式

効果
能力ボタンを押すと発動する。
発動したら能力ボタンを押したまま好きな方向に移動し、地面にトレイルを刻み込む。
ボタンを離すとトレイルが完成する。
トレイルの上を歩くか走って通った生存者は、殺人鬼の本能を呼び起こして煩悶のステータス効果を受ける。
煩悶の効果を受けている生存者が瀕死状態になると、贖罪の檻に送り込むことができる。
検証結果
トレイルの持続時間は65〜75秒
トレイルを敷いている最中は左右への移動が出来ない
サバイバーがトレイルを踏むとキラーに3秒位置が表示される
トレイルはしゃがみ歩きで回避できる

煩悶

効果
「煩悶」の効果を受けている生存者が瀕死状態になると、贖罪の檻に送り込むことができる。
検証結果
フック救助された場合は救助者・被救助者共に煩悶が取れない
「檻」から救助されるか、救助しない限り永続で付与される
煩悶が付与されたサバイバーのチェイス中はアイコンが動く

地獄の罰

効果
裁きの儀式が発動中、攻撃ボタンを押すと地獄の罰を発動する。
このアビリティはエクセキューショナーの前方にエネルギーの波動を解き放ち、軌道上の生存者にダメージを与える。
地獄の罰は、障害物を貫通する。
検証結果
障害物を貫通して前方8M付近にダメージを与える
板・破壊可能壁は壊せない
発動後、若干の硬直有り
キラーのステイン(赤い光)の延長線上に放つ仕様
中断後の1秒間は移動速度が3.68m/秒になる
中断時は1秒間攻撃できない
発動後に入る硬直のクールタイムは2.25秒

贖罪の檻

効果
煩悶のステータス効果を受けた瀕死状態の生存者の前に立ってアビリティ発動ボタンを押すと、生存者を持ち上げてマップ上のフックに運ぶことなく贖罪の檻に送り込むことができる。
贖罪の檻に入った生存者はフックに吊るされているかのように処刑フェーズが進行し、エンティティに捧げることができる。
贖罪の檻で耐久フェーズを迎えた生存者は、エンティティを退けるためにスキルチェックを行う必要がある。
生存者は、贖罪の檻とフックとの間で処刑進行度を共有する。
検証結果
耐久時にスキルチェックをミスるとゲージが10%(12秒分)程減る
贖罪の檻は自身からかなり離れた場所へ生成される
目眩まし(視覚消失)効果中でも贖罪の檻は視える
キラー自身からはオーラが視えない
第一段階での自力脱出は不可能なため「解放」は使用できない
フック判定でないため、「イタチ」「バベチリ」は適応されない
救助時に「ボロタイ」「きっとやり遂げる」も発動しない
檻へ送る際に担ぐ訳ではないため、「ストライク」は発動しない

適応時に発動しないフック関連パーク一覧

サバイバーパーク

リーダー

決死の一撃

ずっと一緒だ

解放

与えられた猶予

ブレイクダウン

アフターケア

ベビーシッター

仲間意識

セカンドウインド

血族

誰も見捨てはしない

きっとやり遂げる

オフレコ

逆境魂

ツルツルとした肉体
キラーパーク

死恐怖症

呪術:貪られる希望

消えゆく灯

バーベキュー&チリ

血の番人

選択は君次第だ

イタチが飛び出した

隠密の追跡

血の共鳴

死人のスイッチ

最後の審判

効果
フックまたは贖罪の檻ですでに耐久フェーズに入っており、かつ煩悶に苦しんでいる瀕死状態の生存者の前に立ってアビリティ発動ボタンを押すと、最後の審判を発動してその生存者を惨殺することができる。
検証結果
メメント・モリ」と同じような方法でサバイバーを殺害できる
殺害にかかる時間は3秒程
担ぐ訳ではないため、担ぎやフック関連効果は発動しない

エクセキューショナーのおすすめパーク・アドオン構成

パーク

パーク おすすめポイント

地獄耳

パーク名 所持者/効果

地獄耳
ゴーストフェイス固有パーク自分から48メートル以内でせっかちな行動を行った生存者のオーラが6秒間見える。地獄耳は(60/50/40)秒ごとに1回のみ発動可能。

「地獄耳」は、板・窓枠を急いで乗り越えたサバイバーのオーラを6秒間表示できるパーク。エクセキューショナーは「地獄の罰」によって障害物を無視してダメージを与えられるため、通常なら当てづらい位置にも攻撃を届かせられる。

また、ジャングル地帯や小屋、固有物件等の視線が途切れる場所では、サバイバー側からステインが見えないため、非常に当てやすいのも利点だ。

呪術:破滅

パーク名 所持者/効果

呪術:破滅
ハグ固有パーク全ての発電機が呪術:破滅の影響を受ける。生存者による修理が行われていない間、即座に発電機の修理進行が通常の後退速度の(100/150/200)%で自動的に後退する。
呪いの効果は、紐付けられた呪いのトーテムが残っているかぎり持続する。

「呪術:破滅」はサバイバーが修理中でない発電機のゲージを常に減少させる効果。発電機を蹴ることなくサバイバーを発電機から離すだけで遅延でき、マップ全体に効果が及ぶため非常に強力だ。

エクセキューショナーで採用すると、贖罪の檻へ送った場合に「血族」の情報共有を防げるため、修理を止めて救助に行く者を増やしやすい。したがって、「破滅」による遅延効果に期待できる。

採用する場合は「監視」も付けよう

「呪術:破滅」を採用する場合は、セットで「監視」も付けるのがおすすめ。サバイバーが修理再開した発電機のオーラが見れるため、「呪術:破滅」と合わせると全発電機の修理状況を把握できる。また、エクセキューショナーの弱点である索敵と発電機固めも補える。

血の番人

パーク名 所持者/効果

血の番人
ナイトメア固有パーク脱出ゲートが開放されることで発動する。出口エリア内にいる生存者のオーラを視ることができる。1マッチに1回だけ、血の番人が発動中に生存者をフックに吊るすと、エンティティを召喚して全ての出口を(30/40/60)秒間封鎖する。全ての生存者に対して有効。

エクセキューショナーは、吊るす事なく吊りと同様の効果を得られるため、終局の崩壊中にフック吊りをしにくい「血の番人」と相性が良い。他キラーが「血の番人」を使う場合は、確定死を狙えるゲージ半分まで瀕死のサバイバーを放置する必要があるが、「贖罪の檻」によってパークの存在に気づかれにくい。

また、檻へ送る時間が数秒であるため、1人ダウンさせた後別サバイバーを追いやすいのもメリットだ。

デスバウンド

パーク名 所持者/効果

デスバウンド
エクセキューショナー固有パーク殺人鬼から32m以上離れた場所で生存者が別の生存者を治療して1段階回復させると、治療を施した側の生存者が叫んで位置が判明し、45秒間デスバウンドが発動する。発動中、その生存者は治療した生存者から16/12/8m以上離れると忘却のステータス効果に苦しむ。

「デスバウンド」は他者治療が終わったサバイバーの位置を把握できる効果。治療を施した側には、心音が聞こえなくなる「忘却」も付与されるため、救助後に攻撃しやすくなる。また、瀕死から負傷への回復でも発動するため、這いずり放置したサバイバーを再び見つけやすいのも利点だ。

エクセキューショナーに採用すると、能力で檻へ送ったサバイバーが救助された際に2人の位置を把握しやすくなるため、トンネルで1人目を脱落させやすくなる。

全パーク一覧

アドオン

地獄の罰の距離が増加

アドオン名 おすすめポイント

燃える人の絵
【特におすすめ】
・通常では届かない距離にある窓に地獄の罰を当てられる

ろう人形

黒のストラップ

トレイルの残存時間が増加

アドオン名 おすすめポイント

マネキンの足
・トレイルを踏ませやすくなる
・トンネルで1人落としやすくなる

灰被り姫のオルゴール

鉛の指輪

裁きの儀式の持続時間が増加

アドオン名 おすすめポイント

虐げる者の銘板
・裁きの儀式で様子見できる時間が増える

槍の穂先

銅の指輪

全アドオン一覧

エクセキューショナーの固有アドオン

アドオン 効果

玉虫色のメタトロンの紋章
レアリティ:Ultra Rare・生存者を贖罪の檻に送り込むと、煩悶に苦しむ生存者のオーラが6秒間視えるようになる

黒曜石の祝杯
レアリティ:Ultra Rare・裁きの儀式のトレイル上に立つと、探知不可になる

失われた記憶の書
レアリティ:Very Rare・裁きの儀式のトレイルが15秒間忘却の効果を与える

緋色の卵
レアリティ:Very Rare・裁きの儀式によって引き起こされた殺人鬼の本能の持続時間が1.5秒増加する

赤の祭祀の書
レアリティ:Very Rare・裁きの儀式のトレイルは煩悶が終了するまで出血の効果を与える

錆色の卵
レアリティ:Very Rare・裁きの儀式のトレイルは60秒間目眩ましの効果を与える

燃える人の絵
レアリティ:Rare・地獄の罰の範囲が1.5メートル拡大する

マネキンの足
レアリティ:Rare・裁きの儀式のトレイルが残存する時間が20秒増加する

ヴァルティエル派の写真
レアリティ:Rare・裁きの儀式のチャージ時間が4秒減少する

虐げる者の銘板
レアリティ:Rare・裁きの儀式が持続する最長時間が2秒増加する

霧の目、裁きの跡
レアリティ:Rare・裁きの儀式によって引き起こされた殺人鬼の本能の持続時間が1秒増加する

ろう人形
レアリティ:Uncommon・地獄の罰の範囲が1メートル拡大する

ヒョウ柄の布
レアリティ:Uncommon・裁きの儀式によって引き起こされた殺人鬼の本能の持続時間が1.5秒増加する

忘れられたビデオテープ
レアリティ:Uncommon・裁きの儀式のチャージ時間が3秒減少する

槍の穂先
レアリティ:Uncommon・裁きの儀式が持続する最長時間が1.5秒増加する

灰被り姫のオルゴール
レアリティ:Uncommon・裁きの儀式のトレイルが残存する時間が15秒増加する

死んだ蝶
レアリティ:common・裁きの儀式のチャージ時間が2秒減少する

鉛の指輪
レアリティ:common・裁きの儀式のトレイルが残存する時間が10秒増加する

銅の指輪
レアリティ:common・裁きの儀式が持続する最長時間が1秒増加する

黒のストラップ
レアリティ:common・地獄の罰の範囲が0.5メートル拡大する

全アドオン一覧

エクセキューショナーのプロフィール

本名
ピラミッドヘッド
元ネタ・出典元作品
「サイレントヒル/SILENT HILL」
エクセキューショナーの解放方法
【CS版】
・DLC「SILENT HILL」 【PC版】
・DLC「SILENT HILL」
・オーリックセルで購入【モバイル版】
・オーリックセルで購入

エクセキューショナーの背景と元ネタ

※画像クリックで拡大表示されます

エクセキューショナーのスキンと解放材料
堕落者【価格】
×1080
交換不可
鍛冶場生まれ【価格】
×1080
交換不可
三角の胴枯れ病【価格】
×1080
交換不可

関連リンク

キラー一覧

トラッパー

レイス

ヒルビリー

ナース

ハグ

ドクター

シェイプ

ハントレス

カニバル

ナイトメア

ピッグ

クラウン

スピリット

リージョン

プレイグ

ゴスフェ

デモゴルゴン


デススリ

エクセ

ブライト

ツインズ

トリスタ

ネメシス

セノバイト

アーティスト
構成別立ち回り解説
爆音ドクター 天誅蜘蛛カニバル 狡猾カニバル
手鏡マイケル 全能視レイス 暴風レイス
天秤ミントハグ 一撃斧ハントレス 彫刻ヒルビリー
静音ヒルビリー 奇襲型ピッグ 立ちメメマイケル
アジ鉄根性

全キラー(殺人鬼)一覧