不吉な包囲

【DbD】「不吉な包囲」の性能と効果解説

編集者
DbD攻略班
最終更新日

DBD(デッドバイデイライト)のアーティスト固有パーク「不吉な包囲(Grim Embrace)」について掲載中!効果解説や性能についても記載しているため、DBD攻略の参考にどうぞ!

「不吉な包囲」の性能

アイコン 性能詳細
不吉な包囲
不吉な包囲
オーラ遅延妨害・デバフ
【所有者】 アーティスト アーティスト
【優先度】★★★★★【効果(tier1/tier2/tier3)】
生存者を初めてフックに吊るすたびに1トークンを獲得する。そのフックから16メートル離れた際、全ての発電機が(6・8・10)秒間ブロックされる。

4トークンに達すると、フックから16メートル離れた際、エンティティが全ての発電機を40秒間ブロックする。オブセッションのオーラが6秒間表示される。
パーク評価
初心者 汎用性 上級者 貢献度
A S S A
貢献度について
貢献度は「サバイバーの脱出」か「キラーの全滅」に貢献する度合いを表す指標。Sに近い程、戦況を有利へと変えられる。

パーク取得優先度ランキング

「不吉な包囲」の評価

初動の発電機修理を妨害できる強力なパーク

「不吉な包囲」はサバイバーを初めてフックに吊るしてから離れると、マップ上の発電機を10秒間すべてブロックできる。また、サバイバー4人全員をフックに吊るすと、40秒間発電機ブロック可能だ。

発電機がブロックされている間、サバイバーは救助か治療程度しかする事がない。よって、初動の発電機修理を大幅に妨害できる。

索敵効果はおまけ程度

「不吉な包囲」には、オブセッションのオーラが視える効果も存在している。ただし、6秒間しか視えない上に条件を達成したとき一度きりなため、効果としてはおまけに近い。

「不吉な包囲」の効果解説

積極的に効果発動を狙おう

「不吉な包囲」は、サバイバーを初めてフックに吊るしてから、16メートル離れると全ての発電機をブロックできる効果だ。発動条件が簡単かつすべての発電機をブロックできるため、初動の発電機修理妨害に大きく貢献する。

「死人のスイッチ」と同時に採用しよう

「死人のスイッチ」を同時に採用すると、「不吉な包囲」で強制的に手を離させた発電機は、10秒経過後も「死人のスイッチ」でブロックが継続される。相性が非常に良いため、同時採用がおすすめだ。

「共鳴する苦痛」もおすすめ

「共鳴する苦痛」はサバイバーを初めて悶絶のフックに吊ると、修理進行度が最も進んだ発電機を20%後退させる。開幕から別のサバイバーを4回悶絶のフックに吊るせれば、合計80%の遅延を行いつつ「不吉な包囲」を発動できるため、相性が良い。

「不吉な包囲」と相性の良いパーク

パーク おすすめ理由
悶絶のフック:共鳴する苦痛
共鳴する苦痛
・別々の生存者を4回悶絶のフックに吊るすと、最大限遅延をしつつ「不吉な包囲」の効果を最大限発動できる
死人のスイッチ
死人のスイッチ
・「不吉な包囲」+「死人のスイッチ」で複数の発動機を30秒間ブロック可能
デッドロック
デッドロック
・発電機の2台同時発電を防止できる
┗「不吉な包囲」と「デッドロック」はキャンプが強いキラーと好相性なため、同時採用がおすすめ。

関連リンク

アーティストの固有パーク
不吉な包囲
不吉な包囲
悶絶のフック:共鳴する苦痛
悶絶のフック:共鳴する苦痛
呪術:ペンティメント
呪術:ペンティメント
キラー共有パーク
囁き
囁き
異形の祭壇
異形の祭壇
苦悶の根源
苦悶の根源
憎悪の囁き
憎悪の囁き
忍び寄る者
忍び寄る者
呪術:誰も死から逃れられない
呪術:誰も死から逃れられない
呪術:狩りの興奮
呪術:狩りの興奮
狡猾
狡猾
鋼の握力
鋼の握力
ずさんな肉屋
ずさんな肉屋
影の密偵
影の密偵
無慈悲
無慈悲
打ち砕かれた希望
打ち砕かれた
希望

アーティストの立ち回り解説


全パーク一覧