【DbD】オブセッションとは?関連パークとメリット

編集者
DbD攻略班
最終更新日

DbD(デッドバイデイライト)のオブセッションの関連パークとメリットについて掲載中!オブセッションのメリット・デメリット、オブセになりやすいパークについても記載しているため、オブセッションとは何かを知りたい方は是非参考にどうぞ!

オブセッション

オブセッションとは?

サバイバー1名に付与される特殊な状態

オブセッション

オブセッションとは、サバイバー1名に付与される特殊な状態だ。ゲーム開始時点でランダムに選ばれた1人がオブセッションになり、対象者のアイコンに蜘蛛のようなマークが出現する

一部パークを採用すると優先的に付与

オブセッションは補正がない状態だと25%の確率で自身が選ばれる。また、「決死の一撃」や「執念の対象」などのオブセッションになる確率が上昇する効果のパークを装備すると、なる確率が上がる。

マッチ中に対象者が変わることがある

オブセッションは、付与されたパークやアイコンの効果によって対象者が変わることがある。変わる条件はパーク毎に異なるため、移ったタイミングからキラーやサバイバーのパークを予測することも可能だ。

チェイス中はマークが動く

オブセッション対象者がキラーとチェイスしている時はマークが揺れ動くため、対象者が追われているか把握できる。他サバイバーのオブセッションマークが揺れ動いている時は、積極的に発電機を回したり救助の準備をしよう。

また、キラーもサバイバーのオブセッションマークを確認できる。オブセッションマークを見れば、チェイス中のサバイバーがオブセッションかどうか判別可能だ。

アクション表示機能でチェイスマークが追加

アクション表示機能

6.5.0アップデートからアクション表示機能が追加され、オブセッションでなくてもチェイスしているか判断できる。そのため、オブセッションを見てチェイスをしているか判断する必要性は下がった。

オブセッションのメリット・デメリット

脱出・死亡で追加BPが手に入る

オブセッション脱出

オブセッション状態で脱出か死亡すると、追加で1,500BPが手に入る。オブセッション状態の人は特殊な立ち回りを求められるが、その分BPは美味しい。

学術書の任務の対象となる

任務名 陣営 内容
注目の的 サバイバー オブセッションになっている間に1回儀式から脱出する。
・1回の儀式で完了する
偏執狂 キラー オブセッションを10回何としても殺害する。

アーカイブによっては、オブセッションが関わらないとクリアできない。そのため、あえてオブセッションが移動する「天誅」を採用するキラーや、「執念の対象」のようなオブセッションになる確率を上げるパークを多数装備するサバイバーがいる。

特殊な立ち回りを求められる

オブセッション状態の人は特殊な立ち回りを求められる場合がある。例えば対戦キラーが「怨恨」を所持している場合、通電後はキラーに直接殺害される可能性があり、「弄ばれる獲物」を所持している場合はチェイス判定が入らないような立ち回りをしなければならない。

オブセッションが影響するパーク一覧

キラー

パーク名 所持者/効果
最後のお楽しみ
最後のお楽しみ
シェイプ シェイプ固有パーク1人の生存者に執着する。オブセッション以外の生存者に通常攻撃を命中させる度にトークンを1個獲得する。1トークンにつき、通常攻撃成功後のクールダウンが5%ずつ減少する。トークンは最大8個まで獲得できる。
オブセッションを攻撃すると(4・3・2)個のトークンを失う。オブセッション対象者が処刑されるか死亡すると、それ以降トークンを獲得することはできない。
殺人鬼が一度に執着できる生存者は1人のみ。
弄ばれる獲物
弄ばれる獲物
シェイプ シェイプ固有パーク1人の生存者に執着する。オブセッション状態の生存者を追いかけて取り逃がす度に、トークンを獲得する。最大トークン数は3。
トークンごとに、移動速度が(3・4・5)%ずつ上昇する。
「攻撃」の行動を取る度に、トークンが消費される。
オブセッションは1マッチにつき1人のみ。殺人鬼一度に1人の生存者にしか取り付けない。
消えゆく灯
消えゆく灯
シェイプ シェイプ固有パーク1人の生存者に執着する。オブセッション状態の生存者は、フック救助の速度と他の生存者の治療速度が33%上昇する。オブセッション状態でない生存者をフックに吊るした時に、オブセッション状態の生存者がいればトークンを獲得する。
オブセッション状態の生存者がいる場合、オブセッション状態でない生存者は修理、治療、破壊速度に対し、各トークンごとに(2・2.5・3)%のペナルティを受ける。
複数の生存者が同時にオブセッション状態になることはない。
リメンバー・ミー
リメンバー・ミー
ナイトメア ナイトメア固有パーク1人の生存者に執着する。オブセッションを攻撃するたびに、脱出ゲート開放にかかる時間が4秒増加する。この効果は最大(8・12・16)秒間まで重複する。
オブセッションはリメンバーミーの影響を受けない。
殺人鬼が一度に執着できる生存者は1人のみ。
怨恨
怨恨
スピリット スピリット固有パーク1人の生存者に執着する。発電機の修理が完了するたびに、オブセッション対象者はあなたのオーラを(5・4・3)秒間視ることができる。発電機の修理が完了するたびに、すべての生存者の位置を3秒間探知できる。
すべての発電機の修理が完了すると、オブセッション対象者は無防備状態になり、殺人鬼はオブセッション対象者を殺害できるようになる。
オブセッション状態になるのは1マッチにつき1人まで。殺人鬼は一度に1人の生存者にしか取り付けない。
闇の信仰心
闇の信仰心
プレイグ プレイグ固有パーク1人の生存者に執着する。オブセッションが1段階負傷すると、(20・25・30)秒間、脅威範囲がオブセッションに移動して、範囲が32メートルになる。

効果が続く限り探知不可のステータス効果を得る。

脅威範囲が移動した生存者は、他の目的で「脅威範囲内にいる」とみなされる。
隠密の追跡
隠密の追跡
ゴーストフェイス ゴーストフェイス固有パーク1人の生存者に執着する。オブセッション状態の生存者をフックに吊るすと、隠密の追跡は最大(2・3・4)つまでトークンを獲得する。
1トークンにつき、追跡中の脅威範囲が4メートル減少する。
オブセッション状態の生存者をフックから救助した生存者は、オブセッション状態になる。
複数の生存者が同時にオブセッション状態になることはない。
天誅
天誅
鬼 固有パークパレットやロッカーを使って目くらましや怯ませてくる生存者はあなたのオブセッションとなる。新たな生存者がオブセッションになるときは毎回「無感覚(忘却)」状態となり、その効果が(40・50・60)秒継続する。また生存者のオーラが4秒間視えるようになる。
殺人鬼のオブセッションになる生存者は1回に1人のみ。
執拗な狩り
執拗な狩り
スカルマーチャント スカルマーチャント固有パークオブセッションを追跡中にこのパークが発動する。

発電機にダメージを与えたり、壁やパレットを破壊したりすると、5%の迅速ステータスを(8・9・10)秒間得る。

最も長く追跡した生存者に通常攻撃を命中させるとオブセッションとなる

サバイバー

パーク名 所持者/効果
唯一の生存者
唯一の生存者
ローリー・ストロード ローリー固有パーク仲間の生存者が死亡するか、処刑されるたび1トークン獲得する。1トークンにつき(20・22・24)メートル範囲内において殺人鬼に探知されない。
あなたが最後の生存者になったとき:
発電機の修理速度が75%上昇する、脱出ゲートやハッチを開ける速度が50%上昇する。
殺人鬼のオブセッションになる確率が上昇する
執念の対象
執念の対象
ローリー・ストロード ローリー固有パーク殺人鬼に自分のオーラが視える時、こちらも殺人鬼のオーラが視えるようになり、治療、修理、浄化の速度がそれぞれ(2・4・6)%上昇する。
オブセッションの間は30秒ごとに3秒間、自分のオーラが殺人鬼に視える。
オブセッションになる確率が上がる。
決死の一撃
決死の一撃
(ストライク)
ローリー・ストロード ローリー固有パークフックから救助されるか自力で脱出した後、「決死の一撃」が(40・50・60)秒間発動する。発動中に殺人鬼に捕まった場合、スキルチェックに成功すると殺人鬼の手から逃れ、殺人鬼を3秒間怯ませる事ができる。
スキルチェックに成功しても失敗しても決死の一撃は解除される
殺人鬼を怯ませた後、自分がオブセッション状態になる
脱出ゲートが通電するとパークとその効果が解除される

目立つアクションを行うと決死の一撃が解除される。

自分がオブセッションになる確率が上昇する
オブセッションの対象は一度に1人のみ
英雄の奮起
英雄の奮起
アシュレイ・J・ウィリアムズ アッシュ固有パーク味方の代わりに殺人鬼の攻撃を3回受けるとパークが発動する。パーク発動中は攻撃を受けても負傷状態から瀕死状態にならない。次に完全に回復すると、殺人鬼から(12・14・16)メートル以上離れている場合に自分のオーラを殺人鬼に探知される。
次に瀕死状態になった際、パークは無効になる。
オブセッション状態になる確率が上昇する。
複数の生存者が同時にオブセッションになることはない。
人々のために
人々のために
ザリーナ・カッシル ザリーナ固有パーク人々のためには無傷状態のときのみ発動する。
医療キットを使用せず他の生存者を治療している間にアビリティ発動のボタンを押すと、即座に瀕死から負傷、または負傷から無傷に回復させることができる。
あなたは負傷し、(80・70・60)秒間衰弱ステータスの効果を受ける。
あなたはオブセッションになる。
このパークを装備すると、儀式開始時に殺人鬼のオブセッションになる確率が低くなる。
血の協定
血の協定
シェリル・メイソン シェリル固有パークあなたかオブセッションが負傷すると、両者とも互いのオーラが視えるようになる。

オブセッションを治療するか、オブセッションに治療してもらうと、両者とも互いの距離が16メートル以上になるまで(5・6・7)%の迅速効果を得る。

オブセッションになる確率が低くなる。

このパークは自分がオブセッションになると無効になる。

キラーごとの警戒オブセッションパーク

弄ばれる獲物の採用率が高いキラー

キラー 警戒パーク
シェイプ
シェイプ

プレイグ
プレイグ

カニバル
カニバル
弄ばれる獲物 弄ばれる獲物

シェイプやプレイグ、カニバルとマッチした際に自身がオブセッション状態だった場合は、「弄ばれる獲物」を警戒しよう。何度も見つかりトークンを溜められると、他サバイバーがチェイス時に不利になるため、オブセッション対象者は隠密寄りで発電機を回したい。

最後のお楽しみの採用率が高いキラー

キラー 警戒パーク
レイス
徒歩キラー全般

デススリンガー
デススリンガー
最後のお楽しみ 最後のお楽しみ

徒歩で移動するキラーは「最後のお楽しみ」の採用率が高い。攻撃命中後のクールダウンが短いと感じたら採用している可能性を疑おう。

また、デススリンガーも「最後のお楽しみ」を採用していることが多い。心音でデススリンガーだと分かった際は、最初から採用を疑おう。

オブセッションになるには?

オブセになる確率が上昇するパークを採用

アーカイブ「注目の的」クリアなどが目的で、オブセッションになりたい場面がある。その場合、決死の一撃や執念の対象などの「オブセッションになる確率が上昇する」と記載されているパークを装備するのがおすすめだ。

関連リンク

マッチで使えるお得情報・テクニック
初心者がやるべきこと 儀式の流れと立ち回り
用語の意味と愛称一覧 チェイスの仕方とコツ
ブラッドポイントの稼ぎ方 オブセッションの見分け方
ステージ共通のギミック一覧 ハッチの出現条件
状態異常効果と解除方法 エンドゲームコラプスの仕様
チェストの仕様と通知条件 地下室の特徴と立ち回り
運の効果と上げるメリット 旋回のやり方と対策方法
トンネルの対策方法 キャンプの対策方法
マッチ外のシステム解説
聖堂の使い方と入手おすすめ 購入おすすめDLCまとめ
固有パークの解放方法 デイリーリチュアルの進め方
学術書(アーカイブ)の進め方 カスタムマッチのやり方
ブラッドウェブの進め方 アドオンの入手方法
オファリングの入手方法 シャードの集め方
プレステージのメリット BPを100万以上貯蓄する方法
おすすめのカメラ感度 PC版の推奨スペック
コントローラーの操作方法 名前変更の方法
色覚モードの仕様と設定方法 マッチングしない原因
匿名モードのやり方 熟練の実績の条件と6.5.0アプデの影響
サバイバー向け記事
初心者おすすめサバイバー おすすめパーク構成
スキルチェックのコツ 発電機の修理方法
発電機の確定出現場所一覧 キラーの特定方法
吊られた時の対処方法 移動方法の最適な使い分け
板(パレット)の効果的な倒し方 キラーに見つかりやすい行動
サバイバーのチェイスの仕方
キラー向け記事
初心者おすすめキラー 担ぎ中の妨害対策
メメント・モリの使い方 キラーのチェイスの仕方
サバイバーを見失った際の対策 救助狩りのコツとタイミング
這いずりの仕様 足跡の消える時間と見方