【DbD】 「血の共鳴」の性能と効果解説

更新日時
編集者
DBD攻略班

DBD(デッドバイデイライト)の鬼固有パーク「血の共鳴(Blood Echo)」について掲載中!効果解説や性能についても記載しているため、DBD攻略の参考にどうぞ!

© 2015-2021 and BEHAVIOUR, DEAD BY DAYLIGHT and other related trademarks and logos belong to Behaviour Interactive Inc. All rights reserved.

「血の共鳴」の性能

アイコン 性能詳細

血の共鳴
遅延・妨害チェイス
【所有キャラ】 (レベル35)
【取得優先度】★★★☆☆【効果(tier1/tier2/tier3)】
1人の生存者をフックに吊るすと、その他の負傷した生存者全員が治療されるまで出血のステータス効果に苦しみ、疲労のステータス効果が45秒間続く。血の共鳴には(80/70/60)秒のクールダウンがある。
パーク評価
初心者 汎用性 将来性 貢献度
C C B B

※貢献度は「サバイバーの脱出」か「キラーの全滅」に貢献する度合いを表す指標。Sに近い程、戦況を有利へと変えられる。

パーク取得優先度ランキング

「血の共鳴」の効果解説

一部のダッシュ系パークを使用不可にできる

「血の共鳴」は、サバイバーをフックへ吊るした際に発動する効果で、適応中は他の負傷サバイバー全員が疲労状態になる。疲労状態になると、移動速度を上昇させる系のパークが軒並み使用不可になるため、攻撃を当てやすくすることが可能だ。

負傷者を増やせるキラーと相性が良い

「血の共鳴」は、負傷者が居るほど効力を発揮するため、特殊能力によって負傷者を増やしやすい「リージョン」や「プレイグ」と相性が良い。該当キラーを使っていてチェイス時間を短くしたい方は採用を検討してみよう。

関連リンク

鬼の固有パーク

残心の戦術

血の共鳴

天誅
キラー共有パーク

囁き

異形の祭壇

苦悶の根源

憎悪の囁き

忍び寄る者

呪術:誰も死から逃れられない

呪術:狩りの興奮

狡猾

鋼の握力

ずさんな肉屋

影の密偵

無慈悲

景気づけ

不安を煽る者

閉所恐怖症

鬼の立ち回り解説


全パーク一覧