【DbD】 治療時間一覧と治療すべきでないタイミング

更新日時
編集者
DBD攻略班

DBD(デッドバイデイライト)の治療時間一覧と治療すべきタイミングについて掲載中!仲間や自身を治療するタイミングや方法別に治療時間も記載しているので、治療について詳しく知りたい方は参考にどうぞ!

© 2015-2019 and BEHAVIOUR, DEAD BY DAYLIGHT and other related trademarks and logos belong to Behaviour Interactive Inc. All rights reserved.

治療時間一覧

通常時の治療時間

※速度上昇系パークは付けずに計測

治療方法 自己治療重症時 仲間治療
他者治療 - 16秒/1人8秒/2人

セルフケア
32秒40秒 -

携帯用医療キット
16秒20秒 12秒/1人6秒/2人

救急箱
16秒20秒 12秒/1人6秒/2人

非常用医療キット
10秒13秒 10秒/1人6秒/2人

救助隊用医療キット
16秒20秒 10秒/1人6秒/2人

ハロウィンの
ランチボックス
16秒20秒 12秒/1人6秒/2人

4周年の医療キット
16秒20秒 12秒/1人6秒/2人

速度上昇パーク装備時の他者治療時間一覧

※パークの上昇量はtier3で計算
※苦肉の策は負傷1人分の効果のみで掲載

パーク 1人(秒) 2人(秒)

植物学の知識
10.72 5.36

苦肉の策
13.76
6.88

きっとやり遂げる
8 4

リーダー
12 6

逆境魂
14.56 7.28

.

治療時間が早くなるおすすめパーク構成

他者治療最速構成


きっとやり遂げる

植物学の知識

苦肉の策

逆境魂
パーク構成の解説
4パークを併用すると最速2.5秒程で他者治療が完治する
「医療キット」を持ち込んで自己治療も可能にするのがおすすめ

自己治療加速構成


セルフケア

植物学の知識
自由枠 自由枠
パーク構成の解説
「セルフケア」で自己治療を可能に
「植物学」で自己と他者の治療速度を加速(20秒で完治)
自由枠は「チェイス系パーク」がおすすめ

治療と救助を重視したバランス構成


きっとやり遂げる

血族

デッド・ハード

決死の一撃
パーク構成の解説
「きっとげ」で救助後の治療速度を100%加速(8秒で完治)
「血族」で効果的なタイミングで救助に入れる
マッチ中必ず活躍するチェイス系パーク「デッド・ハード」
トンネル防止の最強パーク「決死の一撃」

救助特化のサバイバーおすすめパーク構成

治療を行うべきタイミング

そもそも治療自体は最優先で行うべき行動
DBDのマッチでは、殆どの場合において治療を優先させた方が状況を有利に出来る。その上で、中でも特に優先した方が良い事案を下記に記載している

「スピリット」や「鬼」との対戦時

「スピリット」や「鬼」等の負傷自体がデメリットとなるキラーとの対戦時は、近くにキラーが居ないタイミングで治療を優先しよう。「スピリット」は自身の姿を見えなくして、負傷者から漏れる声を頼りに奇襲を仕掛けてくるため、負傷中であるデメリットが非常に大きい。

また、「鬼」が相手の場合は負傷者から出る「血の球」をたどって居場所を特定されてしまう。少しでも自身の生存確率を上げるために、治療を優先して相手が有利になる状況を避けよう。

脅威範囲を消せるキラーと対戦時

「ピッグ」や「ゴーストフェイス」のように脅威範囲を消せるキラーが相手の時は、負傷時のにチャンスを見つけて治療を優先しよう。

隠密が得意なキラーとの対戦では、発見に時間がかかってしまって板や窓枠に行く前に追いつかれる可能性が高く、早期に発見できなければ攻撃を受けがちだ。すぐにダウンしないために負傷状態で立ち回るのは控えよう。

ツインズとの対戦時

「ツインズ」が操作する「ヴィクトル」はサバイバーを負傷から瀕死にさせた際のみ本体へ戻る事なく行動できる。「ヴィクトル」での行動時間が長い程サバイバー側は不利となるため、負傷の際は近くにキラーが居ないか確認して速やかに治療を行おう。

治療をすべきではないタイミング

基本的には治療の優先を推奨
下記のケースにおいては例外で、治療よりも優先するべき行動を記載している。



発電機の残り台数が1台で3人以下の場合

発電機の残り台数が1台でサバイバーが3人以下の時は、治療よりも修理を優先させよう。サバイバーの人数が少なくなった場合はチェイス担当が吊るされると、残り2人で救助とチェイスを担当してしまって修理まで手が回らなくなってしまう。したがって、何としても先に通電させた方が良い。

「呪術:誰も死から逃れられない」発動時

ゲートの通電後にパーク「呪術:誰も死から逃れられない」が発動すると、負傷していなくても一撃でダウンしてしまう。治療行為が時間の無駄になってしまうので、トーテムを探して破壊するかゲートの開放を優先しよう。

トラッパーが「血まみれのコイル」装着時

トラッパーがウルトラレアアドオンの「血まみれのコイル」を装着していると、罠を解除するたびに負傷状態になってしまう。罠の解除は1マッチ中頻繁に行う可能性が高いので、連続で解除しなければならない場合は負傷状態のまま解除しよう。

自身に付けられたピッグの逆トラが起動中

ピッグに付けられた逆トラバサミが起動してしまった場合は、治療よりも必ず解除を優先しよう。ゲージが0になるとその場で処刑されてしまうので、逆トラバサミを解除して退場を防ごう。

対戦キラーがリージョンの時

リージョンはサバイバーへ深手状態をばら撒き、治療行為による発電機修理の遅延を狙う場合が多い。そのためあえて負傷状態で立ち回り、発電機の修理へ時間を割く判断も重要となる。

治療とは

負傷状態を回復できる

治療とは負傷状態を回復する手段だ。治療は基本的に1人では行えないので、自身が負傷した場合は味方に治療してもらおう。また、負傷者が近くに居た場合は周囲にキラーが居ない事を確認して治療してあげよう。

負傷者の治療は2人でできる

負傷した1人の味方に対して2人でも治療が行える。2人で行えば治療スピードが上昇するので速やかに回復可能だ。ただし3人での治療はできないので、負傷者の周りには必要以上に集まらないようにしよう。

仲間の治療は拒否できる

仲間から治療を受けている際、移動すれば治療を拒否できる。治療中にキラーが接近した場合は中断し、一旦安全な場所まで逃げると良いだろう。

自己治療はパークやアイテムを使用する

自身のみで治療を行う場合は、パークのセルフケアやアイテムの医療キットが必要となる。対戦中に用意していかった場合は仲間を探して治療してもらおう。

治療速度はパークで変化する

パークの中には治療速度を上げる効果も存在する。治療速度が上がれば、状況を素早く立て直して仲間の脱落を防げる可能性が高い。仲間の治療を優先したい場合は治療系パークを準備して対戦へ挑もう。

重傷状態だと治療速度が低下する

キラーの持つパークには重傷状態を付与する効果が存在する。重傷状態では治療速度が低下するため、戦況の立て直しにより多くの時間を要してしまう。

一部の状態異常時は治療できない

「行動不能」や「衰弱」になると負傷状態は治療できない。「ツインズ」や「プレイグ」など治療妨害に秀でたキラーも存在するので、キラーの能力や治療できなくなる状態異常は把握しておこう。

関連リンク

マッチで使えるお得情報・テクニック
初心者がやるべきこと 儀式の流れと立ち回り
用語の意味と愛称一覧 チェイスの仕方とコツ
ブラッドポイントの稼ぎ方 オブセッションの見分け方
ステージ共通のギミック一覧 ハッチの出現条件
状態異常効果と解除方法 エンドゲームコラプスの仕様
チェストの仕様と通知条件 地下室の特徴と立ち回り
運の効果と上げるメリット 旋回のやり方と対策方法
トンネルの対策方法 キャンプの対策方法
マッチ外のシステム解説
聖堂の使い方と入手おすすめ 購入おすすめDLCまとめ
固有パークの解放方法 デイリーリチュアルの進め方
学術書(アーカイブ)の進め方 カスタムマッチのやり方
ブラッドウェブの進め方 アドオンの入手方法
オファリングの入手方法 シャードの集め方
プレステージのメリット BPを100万以上貯蓄する方法
おすすめのカメラ感度 PC版の推奨スペック
コントローラーの操作方法 名前変更の方法
色覚モードの仕様と設定方法 マッチングしない原因
サバイバー向け記事
初心者おすすめサバイバー おすすめパーク構成
スキルチェックのコツ 発電機の修理方法
発電機の確定出現場所一覧 キラーの特定方法
吊られた時の対処方法 移動方法の最適な使い分け
板(パレット)の効果的な倒し方 キラーに見つかりやすい行動
サバイバーのチェイスの仕方
キラー向け記事
初心者おすすめキラー 担ぎ中の妨害対策
メメント・モリの使い方 キラーのチェイスの仕方
サバイバーを見失った際の対策 救助狩りのコツとタイミング
這いずりの仕様 足跡の消える時間と見方

初心者攻略記事一覧