ドッカンバトル
最新情報更新中!
データインで新イベントやカテゴリキャラが判明
ゴジータ4の評価とステータス
「大猿パワー」最強キャラランキング
極限への挑戦キャンペーンと各キャラの集め方

【ドッカンバトル】衝撃の転生・ウーブ(少年期)(極限Z覚醒)の評価とステータス

編集者
ティーゼ
更新日時

『ドッカンバトル(ドカバト)』に登場する「【衝撃の転生】ウーブ(少年期)(UR・超体)」のステータスや必殺技、パッシブスキルを掲載!キャラクターの強さを総合的に評価しているので、ドッカンバトルの攻略に役立てよう!

最新キャラ評価
超サイヤ人4ゴジータ
超サイヤ人4ゴジータ
四星龍
四星龍
ベジータ(GT)(大猿)
ベジータ(GT)(大猿)
ターレス軍団
LRターレス軍団
クリリン
極限クリリン
バーダック(大猿)
極限バーダック
孫悟飯(じいちゃん)&パン(GT)
悟飯爺ちゃん&パン
孫悟飯(じいちゃん)
孫悟飯(じいちゃん)
チチ
チチ
孫悟飯(幼年期)
孫悟飯(幼年期)
超サイヤ人ゴテンクス&ゴースト
極限ゴテンクス(幽霊)
ベジット(アメ玉)
極限アメ玉ベジット

衝撃の転生・ウーブ(少年期)のステータス

衝撃の転生・ウーブ(少年期)

レアリティ UR→極限 属性 超体
コスト 32 最大レベル 120→140

ステータス

HP ATK DEF
最大レベル 7837 6864 4558
潜在解放100% 11077 9864 7318
最大レベル
(極限Z覚醒)
10481 9179 6095
潜在解放100%
(極限Z覚醒)
13721 12179 8855

スキル・必殺技

リーダースキル
「地球人」カテゴリの気力+3、HPとATKとDEF77%UP、または体属性の気力+3、HPとATKとDEF50%UP
必殺技
ATKが上昇し、相手に超特大ダメージを与え、中確率で気絶させる
パッシブスキル
ターン開始毎に自身の気力+1(最大+4)、ATKとDEF30%UP(最大120%)&攻撃を受けるとそのターン中更にATK100%UP&「天下一武道会」カテゴリまたは名称に「孫悟空」を含むキャラ(少年期、ギニュー、Jr.等を除く)が敵にいるとき全ての攻撃をガード

リンクスキル

リンクスキル名 Lv 効果
インファイター Lv1 ATK10%UP、敵全体のDEFを10%DOWN
Lv10 ATK15%UP、敵全体のDEFを15%DOWN
タフネス戦士 Lv1 DEF15%UP
Lv10 DEF20%UP、ダメージ軽減率5%UP
新生・天下一武道会 Lv1 ATK15%UP
Lv10 ATK20%UP
復活 Lv1 気力+2
Lv10 気力+2、HP50%以下で ATK、DEF5%UP、HP5%回復
バーサーカー Lv1 HP50%以下でATK20%UP
Lv10 HP50%以下でATK30%UP
ぶっちぎりのパワー Lv1 ATK、DEF5%UPし、「貫通」効果を得る
Lv10 ATK、DEF10%UPし、「貫通」効果を得る
限界突破 Lv1 気力+2
Lv10 気力+2、ATK、DEF5%UP

カテゴリ

カテゴリ
天下一武道会 復活戦士
魔人ブウ編 少年・少女
師弟の絆 地球人

進化情報(覚醒前後の同一キャラ)

覚醒前 覚醒後
がんばり屋さんの長男・ウーブ(少年期)
【がんばり屋さんの長男】ウーブ(少年期)
-

衝撃の転生・ウーブ(少年期)の評価

リーダー評価 7.0/10点
サブ評価 7.0/10点

ターン開始毎にステータスが強化

ウーブは、パッシブスキルでターン毎に気力とATKとDEFを30%UPできる。ステータスは最大で120%UPまで上昇し、最大強化するにはウーブを4回登場させる必要がある。早い段階で自身を強化するためにも、なるべく1~2番目に配置して運用していくのがおすすめだ。

また、ウーブのステータス補正値は最大120%UPになるものの、1ターン目は30%UPと補正倍率が低いのが難点で、序盤から敵が強力なドラゴンヒストリーやバトルロードの運用では耐久力に不安が残る。必殺技で中確率気絶が狙えるため、バトル序盤のDEFの低さを気絶でカバーしていこう。

1番目に配置してATK340%UPを発揮可能

ウーブのパッシブスキルは、被弾時にATK100%UP効果を持つ。ターン毎に強化されるステータス補正とは、掛け算で計算されるため、最大時の補正がかかる120%UP状態であれば、合計でATK340%UPの計算になる。必殺効果にAKT無限上昇があるため、実際はATK340%UPよりも大幅に高い火力を発揮するぞ。

ただし、ATKの増加タイミングは攻撃を受けたターン限定である点に注意。敵の先制攻撃がある時に1番目に配置した時だけとなるため、被弾によるATK増加を活かせるタイミングは少ない。

敵に孫悟空がいるとすべての攻撃をガード

ウーブは、敵に「天下一武道会」カテゴリか「孫悟空」名称のキャラがいる場合、すべての攻撃をガードできるのが強み。孫悟空をドッカン覚醒させるための超激戦では、「孫悟空」を相手にする場面は多く、頂上決戦や超激戦クラスであれば活躍可能だ。

ウーブは、手持ちが揃っていると使用する場面は減るものの、マイナーカテゴリの「地球人」「天下一武道会」ではキャラ自体が少ないため、ウーブは重要な戦力となる。

序盤の耐久力の低さが致命的

ウーブ最大の弱点は、バトル序盤の耐久力の低さである。1番目に配置するにもDEFが低過ぎて敵の攻撃に耐えられず、2番目の場合は味方のリンクを分断してしまうのが問題だ。また、3番目に置くと登場頻度が下がるため、ステータス強化の速度が遅くなってしまい、全ての配置で問題が生じてしまう。

さらに、ステータス強化の上限は120%UPと低いのが頼りなく、最大強化には最速7ターン必要とするため短期決戦でも扱いづらい。活躍させるには「超激戦」クラスの敵を相手にするか、1日1回限定の「サタンの武道会」で特効キャラとして連れて行くのが有効となる。

相性の良いキャラクター

ウーブ(青年期) 【秘められた魔人の力】ウーブ(青年期)気力+2ATK10%UPDEF15%UP敵全体のDEFを10%低下が発動。筆頭戦力である「地球人」カテゴリのほか、「復活戦士」や「師弟の絆」などのカテゴリでも同時編成が可能。変身後はリンクの繋がりが絶たれるため、長期戦では並べて使うのは控えたほうが良い。超必殺と必殺効果にATK低下を備えているため、別々のターンに使っても敵の先制攻撃の被ダメ軽減に貢献可能だ。
ミスター・サタン 【宇宙一のド根性】ミスター・サタンATK20%UPDEF5%UPが発動。回避やダメージ軽減による耐久性能が優秀で、高難易度に挑む際でも壁役として活躍してくれる。必殺効果には中確率気絶を備えており、運に左右されるものの敵の行動を封じることが可能。ウーブの序盤のステータスの低さを補うことにも役立てられる。
ミスター・サタン/魔人ブウ(善) 【友の決断】ミスター・サタン/魔人ブウ(善)気力+2ATK5%UPDEF5%UPが発動。「天下一武道会」「地球人」など、マイナーなカテゴリが重複しており、お互いに貴重な戦力となってくれる。また、ガチャを利用せずにお互いを組み合わせられるペアで、微増ながらサポート効果が適用され、敵の先制攻撃を若干受けやすくなるのも利点だ。
ヤムー&スポポビッチ 【うごめく陰謀】ヤムー&スポポビッチ気力+2HP50%以下でATK20%UPDEF15%UPが発動。両者ともに複数カテゴリが重複しており、イベント産キャラのため入手難易度が低く、バトルの最中にステータス補正を強化するパッシブと、得意な闘い方も共通している。両者ともにリンクスキル「タフネス戦士」が共通するため、互いの弱点である序盤のDEFの低さを補完できるぞ。

潜在能力解放優先度

おすすめの潜在能力優先度

潜在能力解放優先度
会心
会心-
連続攻撃
連続攻撃
回避
回避-

振り方の解説

ウーブの潜在解放は、「連続攻撃」に割り振って、必殺効果の中確率気絶の追加抽選を狙えるぞ。必殺効果にATK無限上昇効果もあり、気絶とATK上昇両方の効果を有効活用可能だ。バトル序盤のDEFの低さを気絶でカバーするため、ほかのキャラより「連続攻撃」の重要度が高いキャラである。

衝撃の転生・ウーブ(少年期)は強い?

必殺技レベル上げ優先度とやり方

老界王神・大界王[体]を合成

老界王神 あの世で一番えらいひと・大界王[体] 老界王神(居眠り)

必殺技レベル上げ素材である「老界王神」か「大界王[体]」を修業相手にすることで、必ず必殺技レベルを上げることができる。また、「老界王神(居眠り)」を修行相手に選ぶことで30%の確率で必殺技レベルを上げることができるぞ!

同名キャラを合成

ウーブ(少年期)と同じ名前をもつカードを合成することで必殺技レベルを上げることができる。

ウーブ(少年期)のカード一覧

覚醒メダル入手先イベント

物語「決着!究極のラストバトル」

イベント 必要枚数
決着!究極のラストバトル
決着!究極のラストバトル
・ウーブメダル×10枚

ウーブは、物語「究極のラストバトル」ステージ10で入手できる覚醒メダルを10枚使って、【がんばり屋さんの長男】ウーブ(少年期)からドッカン覚醒できる。

極限Zエリア「魔人ブウ編」

イベント 必要枚数
極限Zエリア「魔人ブウ編」
魔人ブウ編
・ウーブ[銅]メダル×15枚
・ウーブ[銀]メダル×40枚
・ウーブ[金]メダル×30枚
・ウーブ[虹]メダル×30枚

サタンは、極限Zエリア「魔人ブウ編」ステージ3で入手できる覚醒メダルを使って極限Z覚醒できる。


全キャラクター一覧まとめ

オススメの記事