【DbD】「アンフォーシーン」の性能と効果解説

編集者
DbD攻略班
最終更新日

DBD(デッドバイデイライト)のアンノウン固有パーク「アンフォーシーン(Unforeseen)」について掲載中!効果解説や性能についても記載しているため、DBD攻略の参考にどうぞ!

アンフォーシーン

「アンフォーシーン」の性能

アイコン 性能詳細
アンフォーシーン
アンフォーシーン
隠密発電機破壊
【所有者】 アンノウン アンノウン
【優先度】★★★★☆【効果(tier1/tier2/tier3)】
発電機を破壊すると、脅威範囲がその発電機に(22・26・30)秒間移動し、脅威範囲が32メートルとなる。
効果が続く限り、探知不可のステータス効果を得る。
その後、パークは30秒間のクールダウンに入る。
パーク評価
初心者 汎用性 上級者 貢献度
S B B A
貢献度について
貢献度は「サバイバーの脱出」か「キラーの全滅」に貢献する度合いを表す指標。Sに近い程、戦況を有利へと変えられる。

パーク取得優先度ランキング

「アンフォーシーン」の評価

安定して探知不可を付与可能

「アンフォーシーン」は発電機を破壊することで、安定して探知不可ステータスを付与できる。また、破壊した発電機に心音が移動することで、サバイバーへの奇襲が成功しやすい。

「アンフォーシーン」の効果解説

発電機に脅威範囲を移して自身は探知不可

「アンフォーシーン」は、30秒間発電機に脅威範囲を移して自身は探知不可になる効果を持つ。発電機破壊だけで発動できることに加え、脅威範囲を移しつつ探知不可になれるため、奇襲性能を向上できる使いやすいパークだ。

確実に30秒間探知不可で行動できる

発電機破壊で探知不可を付与できるパークに「煩悶のトレイル」がある。しかし、「煩悶のトレイル」は蹴った発電機がサバイバーに表示されてしまうため、仕様を知っているサバイバーがいると効果をすぐに無効にされやすい。

比較して「アンフォーシーン」は、最大でも30秒間しか効果を発動できないが、サバイバーが効果を無効にする手段がない。よって、「煩悶のトレイル」よりも安定して効果を発動しやすく活かせる。

「アンフォーシーン」と相性の良いパーク

パーク おすすめ理由
隠れ場なし
隠れ場なし
・探知不可を付与しつつ、周辺の索敵が可能
野蛮な力
野蛮な力
・発電機を蹴る時間を短縮可能
イタチが飛び出した
イタチが飛び出した
・探知不可を付与しつつ、発電機進行度を下げられる
迫害
迫害
・探知不可を付与しつつ、発電機進行度を下げられる

関連リンク

アンノウンの固有パーク
アンバウンド
アンバウンド
アンフォーシーン
アンフォーシーン
アンダン
アンダン
キラー共有パーク
囁き
囁き
異形の祭壇
異形の祭壇
苦悶の根源
苦悶の根源
憎悪の囁き
憎悪の囁き
忍び寄る者
忍び寄る者
呪術:誰も死から逃れられない
呪術:誰も死から逃れられない
呪術:狩りの興奮
呪術:狩りの興奮
狡猾
狡猾
鋼の握力
鋼の握力
ずさんな肉屋
ずさんな肉屋
影の密偵
影の密偵
無慈悲
無慈悲
打ち砕かれた希望
打ち砕かれた
希望

アンノウンの立ち回り解説


全パーク一覧