【ドッカンバトル】 映画『スーパーヒーロー』ラスボスの考察【※ネタバレ注意】

更新日時
編集者
ドッカンバトル攻略班

劇場版「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」に登場したラスボス「セルマックス」のネタバレや考察を掲載。セルマックスの強さや、ドッカンバトルへの登場についての考察などを掲載しているため、参考にどうぞ。

©︎バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
©︎BANDAI NAMCO Games Inc.

【ネタバレ注意】
本記事は、映画内容のネタバレを多く含むため、閲覧には十分ご注意ください。

ラスボスの正体

ラスボスは「セルマックス」

新作映画『スーパーヒーロー』のラスボスは、かつて原作で登場した「セル」がモチーフとなっている「セルマックス」だ。セルマックスは、第二形態セルの姿が巨大化した人造人間であり、理性や知能が無い怪物として登場した。

セルマックスのキャラ考察

原作よりもセルの細胞が薄れている

▲原作でセルの細胞となるZ戦士例

セルマックスは、セルが持っていたZ戦士の細胞が薄れている可能性がある。理由は、ガンマ2号の突撃攻撃を左腕でガードした後に、左腕が再生しなかったからだ。本来のセルであれば、ピッコロの細胞で左腕の再生程度ならたやすいはずである。

また、原作のセルはベジータのファイナルフラッシュをまともに受けて右半身が吹き飛んでも、すべて再生できるほどの再生能力を持ち合わせていた。しかしセルマックスは、左腕の再生を行わずにそのまま戦闘を続けていたため、細胞が薄れ再生能力がガタ落ちしていると考察する。

加えて、セルマックスは「かめはめ波」などZ戦士が得意とする技を一切使用していない。原作のセルは、「かめはめ波」や「太陽拳」などを使用するシーンがあるため、セルマックスは原作のセルが持つZ戦士たちの細胞がかなり薄れている可能性が高い。

頭の核が弱点など原作との共通点が多い

セルマックスは、頭の核が弱点であり、原作のセルと共通している。ただし、セルマックスの弱点はDr.ヘドが独自で作り出したものであり、セルとの共通は偶然な可能性もある。

戦闘力は非常に高い

セルマックスは、戦闘力が非常に高いキャラであると予想する。なぜなら、戦闘後に悟飯が「父さんやベジータさんがいても勝てたかわからなかった」と発言しており、少なくとも悟空ブルーやベジータブルーでは勝てないと考えられるからだ。

戦闘力としては、「宇宙サバイバル編」に登場する「アニラーザ」に近いと予想。アニラーザは、第7宇宙代表の上位5人が束になってようやく勝利できたキャラであるため、戦闘の形式もセルマックスと似ている。

セルマックスの戦闘描写考察

宇宙サバイバル編オマージュが多い

セルマックスとの戦いでは、ピンポイントで「宇宙サバイバル編」のオマージュが見られる。例えば、巨大な怪物vsZ戦士の構図は、宇宙サバイバル編だと「vsアニラーザ」の状況に似ている。また、アニラーザの弱点は頭の核にあると17号が見破り、頭の核を撃破し勝利した点も酷似している。

また、セルマックス撃破のシーンでは、悟飯が魔貫光殺砲を打つ時間をピッコロが稼ぐシーンがあった。宇宙サバイバル編でも、ナメック星人である「サオネル&ピリナ」との戦いで、悟飯がピッコロの魔貫光殺砲待ちで時間を稼ぐシーンが見られる。

加えて、18号が危険に晒されたタイミングでクリリンが助けに来るシーンなど、「宇宙サバイバル編」をオマージュしたと思われる戦闘描写が多数存在する。よって、セルマックスとの戦闘は、全体的に宇宙サバイバル編をモチーフとした戦いである可能性がある。

魔人ブウ編オマージュも見られる

セルマックスとの戦闘では、魔人ブウ編オマージュも複数見られる。例えば、失敗ゴテンクスが「イノシシアタック」でセルマックスの頭にヒビを入れたシーン。原作にはSSゴテンクスが魔人ブウ(悪)に頭突きでダメージを与えるシーンがあり、対比が可能だ。

また、セルマックスが全方位に細かいビームを放つシーンがあるが、魔人ブウ(悪)が神様の神殿から地球の人間を滅ぼした際に放った「アサルトレイン」と似ている。作中に魔人ブウの影は感じられなかったが、戦闘描写にはその他のオマージュも含んでいる可能性がある。

ドッカンバトルでの実装予想

特別なレイドバトルや極限Zバトルが実装

ドッカンバトルでは、映画連動キャンペーンとして全ユーザー協力型のレイドバトルや、特別な極限Zバトルが実装されると予想する。ボスとして登場するのは「セルマックス」であり、作中での「Z戦士複数vsセルマックス1体」の形をオマージュしたイベントが開催される可能性がある。

倒せ巨大合体戦士!チーム協力CP

プレイアブルキャラとして実装はされない

ドッカンバトルでは、セルマックスをプレイアブルキャラとしては実装しないと予想する。セルマックスはセリフなどが一切無いキャラであり、演出を作りにくいと考察。そのため、ゲーム内では敵限定の強力なボスキャラとして活躍すると予想している。

また、セルマックスと同じく「巨大なキャラ」はドッカンバトルでは未だに実装が無いケースが多い。元のキャラからの巨大化や、巨大化キャラから変身して人形になるなどの描写があれば実装された可能性があるが、映画の描写上ではプレイアブルキャラとして実装する可能性は低いだろう。

実装されていない巨大なキャラ一例

キャラ名 原作での登場シーン
アニラーザ ・アニメドラゴンボール超
 「宇宙サバイバル編」
ヒルデガーン ・劇場版ドラゴンボールZ
 「龍拳爆発 悟空がやらねば誰がやる」

新作映画に関する記事まとめ

映画関連の記事まとめ

新作映画の最新情報

新作映画の感想や見どころ

悟飯の新形態の考察

ラスボスの考察

映画連動キャンペーン
-

公式の新作映画関連リンクまとめ

映画関連の記事まとめ
新作映画公式特設サイト 新作映画公式Twitter
東映映画チャンネル -