【10/20】5.3.0アップデートが配信予定!
5.3.0アップデート内容まとめ
新サバイバー「ミカエラ・リード」の固有パーク
開催中のセール情報と対象DLCまとめ
引き換えコードの最新情報と入手方法

【DbD】 アジ鉄根性構成のおすすめ立ち回り

更新日時
編集者
DBD攻略班

dead by daylight(デットバイデイライト/DBD)におけるアジ鉄根性構成のおすすめパーク構成と立ち回りについて掲載中!アジ鉄根性構成のメリットやデメリット、おすすめパーク、アドオン、対策、注意点についても記載しているため、DBDでアジ鉄根性構成を使いたい方は是非参考にどうぞ!

© 2015-2019 and BEHAVIOUR, DEAD BY DAYLIGHT and other related trademarks and logos belong to Behaviour Interactive Inc. All rights reserved.

アジ鉄根性構成の特徴

運び性能を強化した地下吊り特化型構成

パーク名 効果(tier1/tier2/tier3)

興奮
(アジテーション)
トラッパー固有パーク
生存者を運んでいる間の移動速度が(6/12/18)%上昇する。生存者を運んでいる間、脅威範囲が12メートル増加する。

鋼の握力
(鉄腕)
キラー共有パーク
生存者のもがく効果が75%減少する。抜け出すために必要な時間が(4/8/12)%増加する。

狂気の根性
リージョン固有パーク
生存者を運んでいる間、通常攻撃の失敗時のクールダウンがなくなり、通常攻撃の成功時、運んでいる生存者のもがきゲージが(2/3/4)秒間停止する。

アジ鉄根性構成とは、パーク「興奮(アジテーション)」、「鋼の握力(腕)」、「狂気の根性」のサバイバー運搬を強化するパーク3つを装備し、地下フックに吊るしやすくした構成。

カニバルやトラッパーなどの地下フック近辺での立ち周りが強力なキラーを使用すると、サバイバーが警戒して地下室付近に来な可能性が高いが、3種のパーク効果で無理矢理地下フックを成立させる動きが可能だ。

他サバイバー妨害がメリットになる

リージョンの固有パーク「狂気の根性」を装備していると、サバイバーを担いだ状態での通常攻撃にクールタイムが発生しなくなる上、攻撃が命中した際にもがきゲージの上昇を食い止められる。

そのため、フック吊りを妨害するために板倒しや懐中電灯をチカチカさせてくる面倒なサバイバーも、キラー側のメリットとしてストレスを軽減できるのも大きな特徴だ。

地下立ち回りが得意なキラーなら誰でも◯

アジ鉄根性構成は、特定のキラーのみではなく、地下での立ち回りを優位にできる特殊能力を持つキラーであれば、誰でも適応させやすい。

複数サバイバーを一度にダウンさせられるカニバルを始め、トラッパーなど複数のキラー構成として考慮に入れられる。

パーク3種が固定させられるのが難点

アジ鉄根性構成は、その特性上、パークスロットの内3枠がサバイバー運搬系パークで固定されてしまい、残りの1枠を「処刑人の妙技」や「バーベキュー&チリ」「囁き」といった索敵パークにせざるを得ないため、パークの選択幅は少なめ。

どうしても複数パークを採用したい場合は、「狂気の根性」を外して代わりのパークを装備させよう。

アジ鉄根性構成のおすすめ構成

パーク構成

【固定】 【推奨枠】 【自由枠】

興奮

鋼の握力

狂気の根性

バーベキュー&チリ
入れ替え候補

囁き

異形の祭壇

看護婦の使命

処刑人の妙技

狡猾

全パーク一覧

アドオン構成

トラッパー

推奨 選択枠

縫い合わされたバッグ

血まみれのコイル

タールのボトル
効果解説
「タールのボトル」で視認性を下げたトラバサミを「縫い合わされたバック」で所持数を増やしてサバイバーを高確率で地下室周辺に捉える構成。
サバイバーを地下に捉えたら周辺にトラップを仕掛け、迎えに来たサバイバーもろとも瀕死にしてしまおう。
「血まみれのコイル」を使用すれば、罠がバレた際にもサバイバーを負傷状態にして優位に進められる。

カニバル

アドオン構成

キャブレター調整ガイド

長いガイドバー
効果解説
「キャブレター調整ガイド」で攻撃までの準備時間を短縮しつつ、「長いガイドバー」で射程を伸ばしたチェーンソーで救助に来たサバイバーもろともまとめてダウンさせる構成。

アドオン一覧

アジ鉄根性構成の立ち回り

目標は地下吊り

アジ鉄根性構成の最大の目的は、「サバイバーを地下フックに吊るす」であるため、基本的には地下室周辺でサバイバーをダウンさせるのを意識する必要がある。

発電機周回時には、できる限り地下室とは反対方向から近づき、サバイバーを地下室方面へと誘導させながらダウンを狙っていこう。

時には諦めも必要

地下吊りを目的としているが、特に高ランク帯になってくると、地下室付近へ逃げるサバイバーも少なくなってくる。

無理に地下フックを狙ってチェイスを引き伸ばしてしまうと、その分発電機がどんどん回ってしまうので、地下室付近に行かなそうと判断したらそのまま付近のフックに吊るしてしまうのも一つの手段だ。

担ぎ中にサバイバーが邪魔してきたら攻撃

ダウンさせたサバイバーを担いだ際に、他のサバイバーが邪魔してきた場合は、「狂気の根性」発動を狙って通常攻撃での負傷を狙おう。「狂気の根性」が発動できれば、担げる時間が2~4秒伸ばせるため、ギリギリ地下に行けない状態からでもリカバリーが出来る。

しかし、邪魔してくるサバイバーを無理に追いすぎてしまうと、反対に地下吊りができなくなってしまうため、確実に攻撃が当てられると確信が持てない場合は、素直に無視しよう。

地下フックに吊るしたら、救助者を狙う

無事に地下へサバイバーを吊るせたら、一旦地下から出てキラーの特殊能力を活かしつつ、救助に来るサバイバーもろともダウンさせよう。

静止すると探知不可状態になる「狡猾」を装備しているのならば、そのまま地下室で隠れて待ち伏せを狙うのもありだ。

ストライク・ボロタイに注意を払う

アジ鉄根性構成で一番の敵となってくるパーク「決死の一撃(ストライク)」や「与えられた猶予(ボロタイ)」は、多くのサバイバーが採用しているパークであるため、常に警戒を怠らないようにしよう。

救助後60秒以内にダウンさせた場合は待機

救助されてから60秒以内に再びダウンさせた場合は、「決死の一撃(ストライク)」の効果時間である救助から60秒経過してから担ぐと、確実に無効化出来る。

一度でも「決死の一撃(ストライク)」を喰ってしまうと、戦況が大きくサバイバー側に傾くため、出来るだけ発動させない方が良い。

逃げる素振りが薄い場合は15秒追ってから攻撃

救助されたサバイバーがわざとキラーへ向かってきたりしたら、「与えられた猶予(ボロタイ)」付きの可能性が非常に高い。

すぐに攻撃すると負傷ブーストによって更に遠くへ逃げられるため、上記の兆候を確認できたら15秒間追いかけ続けて効果切れの後に攻撃しよう。

アジ鉄根性構成の判断基準と対策

アジ鉄根性構成の対策一覧
「決死の一撃」「与えられた猶予」で対策
地下室付近には近寄らずにチェイスする
担ぎ中はキラーに近づかない
救助時は周囲を極力警戒する

「決死の一撃」「与えられた猶予」で対策する

アジ鉄根性構成は、地下フック救助後に連続でダウンさせられて地下フックから逃げられないのが最大の問題であるため、「決死の一撃」「与えられた猶予」といった、フック救助後の対策が出来るパークを常に装備しておこう。

ダッシュ系パークも推奨

ダッシュ系パーク一覧

全力疾走

デッド・ハード

しなやか

真っ向勝負

「全力疾走」や「デッド・ハード」等のダッシュ系パークを付けると、救助後に地下室圏内から逃げやすい他、通常時のチェイスも行いやすくなる。

地下室付近には近寄らない

アジ鉄根性を装備したキラーは、地下室付近を巡回している倍が多いため、マッチが開始したら、発電機を探しつつ地下室の位置を確認しよう。

基本的に、地下室は、全マップ共通のボロ小屋か、各マップ固有の建築物どちらか1箇所に生成されるため、片方だけ確認すれば、地下室の位置が確定出来る。

担ぎ中は、キラーにあまり近づかない

アジ鉄根性構成のキラーは、担ぎ時に移動速度が強化されている上、通常攻撃を食らってしまうと、担ぎの有効時間が余計に伸びてしまう。

そのため、他のサバイバーが吊るされたら、一旦距離を置いて、サバイバーが吊るされるまで発電機を回そう。

関連リンク

キラー一覧

トラッパー

レイス

ヒルビリー

ナース

ハグ

ドクター

シェイプ

ハントレス

カニバル

ナイトメア

ピッグ

クラウン

スピリット

リージョン

プレイグ

ゴスフェ

デモゴルゴン


デススリ

エクセ

ブライト

ツインズ

トリスタ

ネメシス

セノバイト
構成別立ち回り解説
爆音ドクター 天誅蜘蛛カニバル 狡猾カニバル
手鏡マイケル 全能視レイス 暴風レイス
天秤ミントハグ 一撃斧ハントレス 彫刻ヒルビリー
静音ヒルビリー 奇襲型ピッグ 立ちメメマイケル
アジ鉄根性

全キラー(殺人鬼)一覧