【DbD】 初心者がマッチでやるべきこと・やってはいけない行動まとめ|サバイバー編

最終更新日
編集者
DbD攻略班

DBD(デッドバイデイライト)の、ゲームを初めたばかりの初心者がサバイバーでプレイする際にやっておくべきこと、やってはいけないことをまとめている。なぜやるべきなのか、やってはいけないのかについても解説しているので、DBDを始める際の参考にどうぞ。

© 2015-2019 and BEHAVIOUR, DEAD BY DAYLIGHT and other related trademarks and logos belong to Behaviour Interactive Inc. All rights reserved.

初心者サバイバーがやるべきこと

【大前提】ゲームを楽しむ

何よりもまずゲームを楽しむのが、プレイヤーとしてDBDを遊ぶ上で一番の大前提だ。楽しくも無いのにわざわざDBDを遊ぶ理由は存在しない

この記事では、マッチで何をしたらいいか分からないという初心者に向けた指南記事ではあるが、必ず全てやるべきという訳では無い。自分が楽しく遊べる範囲でプレイしよう。

【事前準備】イヤホン・ヘッドホンを用意する

音の方向を知る必要がある

DBDをプレイする際は、必ずヘッドホンやイヤホンを装着して、マッチ中どこから音が鳴っているのかを聞きながらプレイしよう。

特に高級なものを用意する必要は無く、音が聞き取れるのであれば、100円均一のものでもOKだ。

ヘッドホン・イヤホンの左右確認は必須

ヘッドホン・イヤホンの左右が異なっていると、音源が左右あべこべに聞こえるため、プレイに支障が出てしまう。必ずマッチ開始前のロード時間中に左右が合っているかどうかを確かめておこう。

近くの味方に付いて行く

複数人数で行動するメリット
発電機修理や味方の回復を素早く行える
他の人の立ち回りを見つつ、マッチの流れを覚えられる
複数人数で行動するデメリット
スキルチェックミスなどで位置がバレた場合、味方に危険が及ぶ

マッチが開始したら、まずは近くにいるサバイバー(生存者)を見つけて、一緒に付いて行ってみよう。サバイバーに慣れている人であれば、動き方を学びつつ、ゲームの流れや立ち回りを覚えやすくなる。

しかしその反面、自身がスキルチェックミスなどでキラーに位置を知られてしまうと、味方にも危険が及ぶ可能性があるため、スキルチェックには細心の注意を払おう。

発電機を修理する

近くに発電機が置いてあるのを発見したら、近づいて修理を始めてみよう。発電機を指定された台数修理しなければ、基本的に脱出は不可能であるため、サバイバーが最優先に行うべき行動だ。

スキルチェックミスは厳禁

発電機を修理する際に出現するスキルチェックは、失敗してしまうと、大きな音と共に、キラーに居場所がバレてしまう。

スキルチェックが出現する一瞬前に独特な電子音が鳴るため、イヤホンを付けて電子音を聞き取りながら、成功範囲内でボタンを押すという点だけに意識を集中させよう。

負傷したサバイバーの手当て

近くでサバイバーが負傷している場合には、近づいて手当をしてあげよう。ゲージが最大になるまで手当をすれば、サバイバーの負傷状態が回復できるため、その後を優位に立ち回れる。

手当ての場合にも、スキルチェックは発生するため、ミスしないようにだけ気をつけよう。

生存者の救助

味方がフックに吊るされてしまったら、吊るされている場所に行って、サバイバーを救助してあげよう。フックに吊るされたサバイバーは、救助が出来ないと時間経過で死亡してしまう。

近くにキラーがいる状態での救助はNG

フックからサバイバーを救助するのは大事だが、救助した際に近くにキラーが居ると、すぐにもう一度倒されてしまい、フック救助がむしろ邪魔になってしまう危険がある。

救助前には、心音が聞こえていないか、周囲を見渡してキラーが潜んでいないかどうかを確認してから救助を行おう。

サバイバーのブラッドウェブに必ず出現するパーク「血族」を装備しておくと、サバイバーが吊るされたフック周辺にキラーがいる場合は赤く表示されるため、フック周辺の安全確認に使える。

初心者サバイバーがやってはいけないこと

キラーに見つかる行動をする

必ずキラーに通知が行くサバイバーの行動
窓枠・ロッカー・板を走りながら乗り越える
板を倒す
発電機・治療のスキルチェックに失敗する
チェスト調査を途中で辞めながらダッシュで移動する
呪いのトーテムを破壊する
フックからの救助・破壊
長時間同じ場所に居る

キラーに通知が行く行動(大きな音が鳴る行動)は、キラーに位置がバレてしまうため、行わないようにしよう。

特に複数人数で行動している際には、味方が危険に晒されてしまうため、キラーに追われているなどの緊急時以外は音を鳴らさないように気をつけながら動こう。

むやみなダッシュも厳禁


▲サバイバーが走った後は赤い痕跡が発生する

走ると、素早く移動できるが、デメリットとして、キラーに視える赤い痕跡が一定期間発生するため、キラーに追われているなどの緊急時を除いてむやみに走り回るのはNG。

キラーの近くでフック救助を行う

フックからサバイバーを救助するのは大事だが、救助した際に近くにキラーが居ると、すぐにもう一度倒されてしまい、フック救助がむしろ邪魔になってしまう危険がある。

救助前には、心音が聞こえていないか、周囲を見渡してキラーが潜んでいないかどうかを確認してから救助を行おう。

地下室へ吊られた場合は特に注意が必要

各マップに1箇所だけ生成される地下室は、出入口が一つしかないため救出・脱出が非常にやり辛く、キラーによってはミイラ取りがミイラになってしまうため、キラーが十分に地下室から離れたと判ったときのみ救助に向かおう。

地下フック(地下室)の立ち回り

フックに対するミス行動

吊られている際の表示 やるべき行動
脱出のチャンスに賭けろ 操作しない(味方の助けを待つ)
→操作してしまうと残り時間が減る
もがく もがくボタンを連打する
→連打を止めた瞬間に死ぬ

フックに吊るされてしまった際、「脱出のチャンスに賭けろ」という表示と共にボタンが表示されるが、ここで操作してしまうと死亡までの残り時間が早くなり、脱落までの速度が早くなってしまう。

また、「もがく」と表示された際に指定のボタンを連打していないと、即死してしまうため、必ずボタン連打で耐久しよう。

関連リンク

マッチで使えるお得情報・テクニック
初心者がやるべきこと 儀式の流れと立ち回り
用語の意味と愛称一覧 チェイスの仕方とコツ
ブラッドポイントの稼ぎ方 オブセッションの見分け方
ステージ共通のギミック一覧 ハッチの出現条件
状態異常効果と解除方法 エンドゲームコラプスの仕様
チェストの仕様と通知条件 地下室の特徴と立ち回り
運の効果と上げるメリット 旋回のやり方と対策方法
トンネルの対策方法 キャンプの対策方法
マッチ外のシステム解説
聖堂の使い方と入手おすすめ 購入おすすめDLCまとめ
固有パークの解放方法 デイリーリチュアルの進め方
学術書(アーカイブ)の進め方 カスタムマッチのやり方
ブラッドウェブの進め方 アドオンの入手方法
オファリングの入手方法 シャードの集め方
プレステージのメリット BPを100万以上貯蓄する方法
おすすめのカメラ感度 PC版の推奨スペック
コントローラーの操作方法 名前変更の方法
色覚モードの仕様と設定方法 マッチングしない原因
サバイバー向け記事
初心者おすすめサバイバー おすすめパーク構成
スキルチェックのコツ 発電機の修理方法
発電機の確定出現場所一覧 キラーの特定方法
吊られた時の対処方法 移動方法の最適な使い分け
板(パレット)の効果的な倒し方 キラーに見つかりやすい行動
サバイバーのチェイスの仕方
キラー向け記事
初心者おすすめキラー 担ぎ中の妨害対策
メメント・モリの使い方 キラーのチェイスの仕方
サバイバーを見失った際の対策 救助狩りのコツとタイミング
這いずりの仕様 足跡の消える時間と見方

初心者攻略記事一覧