神ゲー攻略のイチオシ記事紹介!
最新アップデート情報(5/5)
百万霊符山分け戦イベントまとめ
花合戦2021「緊那羅」皐月イベントまとめ
神秘的な図案の描き方【5月版】

【陰陽師】 花鳥風月と恵比寿どっちが強い?徹底比較

更新日時

陰陽師の式神、恵比寿と花鳥風月のどちらが強いのかをポイント別に徹底比較。

陰陽師の式神、花鳥風月(かちょうふうげつ)と恵比寿(えびす)を、単体複数回攻撃スキルをもつ式神としてどちらが強いのか比較したページです。

©1997-2017 NetEase, Inc.All Rights Reserved

比較する注目ポイントとは?

花鳥風月と恵比寿を比較する際に注目すべきポイントとなるのは、やはり両者が持つスキルにある。
この2体はどちらとも、味方を治療できるスキルを所有しているのである。

治療スキルを持つ式神として多くの人が認識しているこの2体であるが、具体的な能力値として、どちらの方がどの点において優れているのか、劣っているか。どのような育て方で力を発揮させるのが最適なのか。

または、どの式神とパーティを編成すると活躍できるのかなど、詳細に比べるとそれぞれの特色が見えてくるのではないだろうか。
このページでは、両者の特徴などを含めた優劣のポイントを踏まえて徹底比較をしていく。
 
どちらの方が自分のパーティにはふさわしいのか?
パーティ編成や育てる式神に迷っている人には、ぜひとも参考にしてもらいたい。

ステータス比較(覚醒後)

花鳥風月と恵比寿のステータスを比較して解説、育成するなら注目すべき指標の一つだ。


花鳥風月

恵比寿
攻撃
(109 → 2,305)

(112 → 2,385)
HP
(1,323 → 14,127)

(1,206 → 12,874)
防御
(68 → 397)

(74 → 437)
素早さ
(112)

(107)
会心率
(5%)

(10%)
会心ダメージ 150% 150%

攻撃系ステータス比較

注目すべき場所は、素早さ

攻撃系ステータスの中でも、ヒーラー役としては素早さが重要となってくる。
ここでは素早さに重きを置いて比較してくと、花鳥風月の方がより高い。

傷ついた味方を素早く回復に回るためにも、行動順で上位に来る方が良い。

そのため、この素早さの点を比べると花鳥風月がより優れているということは覚えておこう。

耐久系ステータス比較

HPを比べるとどちらも高いのだが、防御力の値が恵比寿の方が高いことに注目したい。
防御力が高いということはすなわち、敵からの攻撃に耐えることができるということだ。打たれ強いヒーラーというものがパーティに一人いるだけで戦闘ははるかに安定する。

対して、花鳥風月の防御力は少し不安が残る数値となっている。しかし、それを補えるほどに高いHPの値となっているため、花鳥風月も耐久ヒーラー役としては十分なステータスを備えている。

編成において、ヒーラー役を担うのであれば防御とHPは高いことが望まれる。ここでは、防御力の差の方が大きいため、耐久系ステータスではわずかだが、恵比寿が優勢

※あくまでステータス上での比較。

スキル比較

恵比寿と花鳥風月がもつスキルを特徴をふまえて解説すると同時に、どちらが優れているかを徹底比較して紹介。

スキル1比較

スキル 消費鬼火/スキル効果

花鳥風月
(帰鳥)
0 敵単体に攻撃力の80%のダメージを与える。さらに50%でHPが最も低い味方のHPを花鳥風月の最大HPの10%回復。

恵比寿
(福賜り)
0恵比寿は笏を振り回して流光で目標を打つ。目標に攻撃力の100%相当のダメージを与える。

ポイント

1 花鳥風月は敵単体に攻撃力の80%のダメージを与える。さらに50%の確率でHPが最も低い味方のHPを花鳥風月の最大HP10%回復。
2 恵比寿は敵単体に攻撃力の100%のダメージを与える

スキル1を比較すると、恵比寿が攻撃力の100%、花鳥風月が攻撃力の80%とである。
さらに、恵比寿の方が攻撃力のステータスも高いため、単純にダメージ量だけで比較すると恵比寿の方が優れている

しかしここで注目すべきは、花鳥風月はダメージを与えるだけではなく、味方を回復するスキルであるということだ。
ヒーラーという役割に重きを置いた場合、鬼火を消費せずに最もHPが低い見方を回復する可能性があるスキルというものは貴重である。

そのため、ダメージを与えることに関しては恵比寿の方が有利であるが、ヒーラー役としての比較となるとやはり花鳥風月の方が優秀といえる。

スキル1は花鳥風月の勝ち。

スキル2比較

スキル 消費鬼火/スキル効果

花鳥風月
(絵巻の世界)
0花鳥風月は行動終了後、20%の確率で絵巻の世界に入り、行動ゲージが20%アップ。【覚醒後】スキル習得

恵比寿
(七転八起)
0恵比寿が攻撃を受けたとき、20%で鬼火を1つ獲得。【覚醒後】スキル習得

ポイント

1 花鳥風月は行動終了後、20%の確率で絵巻の世界に入り、行動ゲージが20%アップ。
2 恵比寿が攻撃を受けたとき、20%で鬼火を1つ獲得。

スキル2においては、パッシブスキルの比較となる。

パッシブスキルとして、花鳥風月は行動ゲージをアップさせるスキルであり、恵比寿の方は鬼火を獲得するスキルである。どちらも20%の確率で発動する。

花鳥風月は、毎ターンの行動終了後に確率で発動し、行動ゲージを20%アップさせるため、次のターンに素早く繋げるチャンスになる。

恵比寿は、攻撃を受けなければ発動しないが、次のターンで味方がスキルを発動できる鬼火を獲得できるチャンスになる。

どちらを優先させるかは編成次第ではあるものの、やはり鬼火が獲得できる恵比寿の方が汎用性は高い。

スキル2に関しては恵比寿の勝ち。

スキル3比較

スキル 消費鬼火/スキル効果

花鳥風月
(花鳥共鳴)
3味方全体に花鳥風月の最大HP8%分のHPを回復させる。さらに2ターンの間、[かぐわしい花]効果を付与し味方が次の2回の行動する前にそれぞれ花鳥風月の最大HPの7%,6%分のHPを回復をする。

恵比寿
(鯉のぼり)
2 恵比寿のHP40%を継承した鯉のぼりを召喚。味方が行動するとき、鯉のぼりのHPの40%回復。

ポイント

1 花鳥風月は味方全体に花鳥風月の最大HP8%分のHPを回復させる。
2 花鳥風月は2ターンの間、味方が次の2回の行動する前にそれぞれ花鳥風月の最大HPの7%,6%分のHPを回復をする。
3 恵比寿のHP40%を継承した鯉のぼりを召喚。味方が行動するとき、鯉のぼりのHPの40%回復。

花鳥風月は、全体回復+行動時回復効果を付与するスキルである。全体を回復するだけではなく、持続した行動時の回復を行なってくれることも大きな魅力である。

恵比寿は行動時回復を行える鯉のぼりを召喚するスキルであり、HPが高い恵比寿のHPと比例した回復量というところが魅力的である。

また恵比寿のスキルのもう一つのポイントは、スキルレベルを2まで上げることにより、味方が行動する際にランダムでデバフを2つ消してくれるという点である。回復に加えて、ランダムを打ち消すという効果はまさに一石二鳥なのである。

ただ、難点を挙げると、鯉のぼりは召喚してすぐに回復を行うわけではなく、味方が行動する際に回復を行う。
このため、味方の行動前に鯉のぼりを倒されてしまうと、回復できずに終わってしまうことである。

対して、花鳥風月のスキルは他のヒーラーと違い、1度かけるだけで2ターン持続する全体回復スキルという点が最大の魅力といえる。恵比寿とは違い、確実に回復できることにより敵からのダメージを回復することに優れている。

難点を挙げるとすれば、花鳥風月のスキルの回復量は恵比寿のHP40%と比較するとはるかに少ない。ここに物足りなさを感じることも否めないであろう。

2体ともこのスキルにクールダウンは必要ないが、差があるとすれば恵比寿は鬼火が2つ、花鳥風月は3つ必要となることであろう。

鬼火の消費量は高くなるが、確実に全体を速攻で回復できる花鳥風月を優秀と捉えるかどうかは評価が分かれるところであろう。
恵比寿に関しても、鬼火の消費量は少なくなるが、即効性はない回復スキルという点をどう評価するかは編成次第になるだろう。

これにより、スキル3に関しては引き分け。

ダンジョン適正度

恵比寿と花鳥風月それぞれのダンジョン適正度を比較。パーティ編成を考える際には、それぞれの適性を考えて組み込んでいくといいだろう。

花鳥風月

探索 御魂 覚醒 石距
2/ 5点 2/ 5点 2/ 5点 1/ 5点
闘技 狩り戦 陰界の門 異聞
4/ 5点 4/ 5点 4/ 5点 4/ 5点

恵比寿

探索 御魂 覚醒 石距
2/ 5点 2/ 5点 2/ 5点 2/ 5点
闘技 狩り戦 陰界の門 異聞
5/ 5点 5/ 5点 4/ 5点 5/ 5点

恵比寿と花鳥風月どっちが強い?

結論としては、恵比寿の方が優勢

やはり、その圧倒的な耐久能力と、それに比例した回復量、鬼火獲得、デバフ解除を持つスキルという点がとかなり魅力的な式神であろう。

恵比寿の鯉のぼりは1度召喚してしまえば、壊されない限り半永久的に回復ができる上に、鬼火消費量も2つと比較的軽い。

ただ、即効性がない回復という点が欠点であり、行動順を待っている間に敵に集中攻撃を受けて壊されては元も子も無くなってしまう。スキル上げに関しても、花鳥風月に比べれば楽とはいえ、入手しにくく難しい。

対して花鳥風月は、即効性の回復と持続回復の効果は優れているが、鬼火を3つ消費するにも関わらず、その回復量は少ない。

また、スキル1に関しては確率が発動しない限り、鳥が帰ってこず、味方回復を行わない。そうなると、攻撃力の低い花鳥風月の与えるダメージだけになってしまうのだ。

かといって、このスキル発動の確率を上げるために反撃の御魂を装着させても、花鳥風月には必要のない攻撃力アップを行なってしまうことも惜しい点だ。スキルのレベルアップに関しても、花鳥風月の素材入手は困難を極めるためかなり厳しいものである。

汎用性の高さ、育成の難易度を考えるとやはり恵比寿の方が優れている。
もちろん、活躍できる場所や式神、御魂との組み合わせによって活躍度合いは変わってくるであろう。
ヒーラーを育てる際にどの式神をどのように育てていくかの指標となれば幸いである。

基本情報

※恵比寿と花鳥風月の基本情報を紹介。

花鳥風月(かちょうふうげつ)

レア度
攻撃タイプ 治療
登場場所 召喚
百鬼夜行
封印懸賞
声優・CV 早見 沙織
覚醒前アイコン 覚醒後アイコン

花鳥風月の式神ページはこちら

恵比寿(えびす)

レア度
攻撃タイプ 治療
登場場所 -
声優・CV 茶風林
覚醒前アイコン 覚醒後アイコン

恵比寿の式神ページはこちら