神ゲー攻略のイチオシ記事紹介!
最新アップデート情報(10/13)
蓮心夢郷パズルイベントまとめ
連携召喚の概要とメリットまとめ
神秘的な図案の描き方【10月版】

【陰陽師】 序盤で覚醒すべきおすすめ式神

更新日時
編集者
神ゲー攻略班

『陰陽師』の序盤で覚醒すべきおすすめ式神を紹介しています。ぜひ、参考にして序盤攻略の役に立てて下さい!

©1997-2021 NetEase, Inc.All Rights Reserved

序盤で覚醒させるメリット

探索や御魂などの戦闘が楽になる

序盤で式神を覚醒させることで、探索や御魂ダンジョンなどの戦闘が楽になる。戦闘が楽になることで、より効率的に陰陽師や式神の育成ができるようになる。

スキルが解放される

覚醒させることでスキル習得や追加がされる。覚醒させなければ主要スキルを使用できない式神もいるので、特に序盤の式神覚醒順は慎重に行おう。

序盤で覚醒すべきおすすめ式神

周回用アタッカー式神(1体)

全体攻撃式神

玉藻前

阿修羅
/ /

大天狗

姑獲鳥
バラ/ /

黒無常

まず初めに覚醒すべき式神は、周回の引率役となる全体攻撃式神。リセマラで入手した玉藻前や大天狗でも良いが、初心者に最もおすすめする式神はSR式神の黒無常(次点で姑獲鳥)。

黒無常は妖気封印で欠片を入手できるのでスキル上げもしやすく、会心率の要求値も50%で良いので御魂の要求値が低い。敵を倒すと再行動できるので、探索ダンジョンでは全体攻撃→通常攻撃で突破可能。

姑獲鳥は全ユーザーが序盤に入手できる式神。黒無常よりスキル上げは大変だが、SR式神なのでSSRやSP式神と比べると楽。スキル3をMAXにすることで4回目の単体攻撃の火力がアップするので、御魂は会心型でもワンパン可能。

周回用サポート式神

山兎

覚醒スキル

兎の舞習得

山兎は覚醒させることで、「兎の舞」を習得する。兎の舞は、味方全体の行動ゲージと攻撃力をアップできるので、素早さ値を上げれば敵に行動させず有利な展開に持って行ける。

攻略にはもちろん、序盤は御魂ダンジョンのマルチ参加の際に、覚醒後山兎はほぼ必須になるので必ず覚醒させておきたい。

山兎の評価はこちら

座敷童子

覚醒スキル

福運繁栄習得

座敷童子は覚醒させることで、「福運繁栄」を習得する。福運繁栄は、戦闘開始時鬼火を1つ獲得でき、スキルレベルを上げれば、戦闘開始時3つの鬼火を獲得できる優れたパッシブスキル。

鬼火を消費せず、鬼火を獲得できる優秀な式神であり、山兎同様にマルチでも必須となる式神なので覚醒させておきたい。

座敷童子の評価はこちら

余裕が出来次第おすすめ式神

2体目のアタッカー

アタッカー2体目を育成することで、アタッカー1体目で倒せない2ターン掛かっていた場所も、1ターンで攻略できるようになる。また、戦闘の幅が広がるので、コンテンツに合ったアタッカーを出陣させることができるのでおすすめ。

椒図

覚醒スキル

ライフリンク強化

椒図は覚醒させることで、「ライフリンク」が強化される。ライフリンク強化後は、行動するたびにHPを5%回復する。

ライフリンクで味方の被ダメージを均等に全てのリンク対象に分散させられるだけでなく、HP回復も可能とサポートで非常に優秀な式神。特に高難易度攻略では必須になる式神なので、余裕ができたら覚醒をおすすめ。

椒図の評価

雪女

覚醒スキル

氷鎧の術習得

雪女は覚醒させることで、「氷鎧の術」を習得する。氷鎧の術は、ターン終了時に氷の盾を召喚できる。(氷の盾は雪女の最大HPの6%までのダメージを吸収する。)

雪女は「吹雪」で、敵全体に3回の攻撃をし8%の基礎確率で1ターンの間凍結を付与することができる。序盤や闘技で重宝する式神となっているので、余裕がある場合は覚醒させておこう。

雪女の評価

関連記事